2019年07月01日

NEW CONSTELLATION/Toad The Wet Sprocket

 注文をしてから3週間ほどして、「ただいま在庫確保に努めております」というメールがきたけどそれ以降音沙汰がない。
 うむ、これは「結局、見つかりませんでした」と向こうからキャンセルされるパターンだろうか、と過去の幾度かの経験から感じていましたが・・・突如、「出荷しました」とのメールが届いた。 えっ、見つかったんですか?!、と、あきらめかけていたのでうれしさよりも先に驚きが。
 You TubeのToad公式チャンネルでアルバム全曲公開されているので、聴けないことはないんだけどさ、曲と曲の間にCMがはいったり、アルバムとして聞くよりも間が長いからそれが気になって・・・やはり<アルバム>という形で聴きたいのでございますよ。

  Toad the Wet Sprocket ニュー・コンセレーション.jpg 紙ジャケット仕様。
 でも歌詞カードがなかった・・・残念。 ネット上で検索はできるので、それで見ろということか。

 全11曲、約45分といういつも通りの収録時間。 だいたい3分台の曲が多いのですが、今回4分台が4曲あり、しかもラストナンバー“Enough”は6分13秒という彼らにしては大作!
 グレンのソロ作と違って、やはりベースとドラムが入るとバンドの音になる。 特にベースって大事だな!、としみじみ思うようになりましたよ・・・。 あたしはバンドとしてのToad The Wet Sprocketが好きなんだよなぁということも。 ロックだけどメロディアスで、詩も含めて美しさがある。
 一曲目“New Constellation”は幕開けにふさわしくアップなナンバー。 かつての曲にはすごく疾走感があると思っていたのだけれど、それは何かに追われている・どこかに逃げるみたいな要素があったのかな、というくらいこの曲は余裕がある。 なんだろう、やはりいい意味で年を重ねたのかな。
 そしてあの“California Wasted”、「いかにもトード!」な“The Moment”と・・・いわゆる「全曲捨て曲なし」のやつなんですけど!
 特に10曲目“The Eye”は、「これ、『コールドケース』のクロージングナンバーに使いたくなる」感じの、ミディアムテンポから始まってサビがすごくエモーショナルな刺さる曲。

  

 で、その次が大バラードの“Enough”ですよ。 なに、この流れ! 刺さりまくりなんですけど!
 そんなわけでずっとリピートで聴いてしまっています。 このアルバム、今後一生聴き続けちゃうんだろうな、という気がしています。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする