2019年06月19日

再びの地震

 「大阪北部地震から、ちょうど一年が経ちました」と朝のニュースでやっていて・・・「あぁ、もう一年ですか」と思ったのですが・・・その後、度重なる台風やら西日本豪雨やら、一連の災害のひとまとまりという感じで6月18日にそんなに重きを置いていなかったことに気づきました。 帰宅難民の危機とか、結構ひどい目に遭っていたのに・・・(でもそれもその日だけじゃなかったので、去年の災害はひとくくりになっている)。
 そしたらその日の夜に、「山形沖が震源の地震発生」の報。
 ちょうど『わたし、定時で帰ります』の最終回を観ていたときだったので・・・ドラマが中断しての特報に「おや、結構大きな地震?」と。
 でも結局、わりとすぐにNHKに変えてしまった。 まぁ、ドラマには戻らないだろうなぁと思ったし。
 以前、短い時期だが日本海側に住んでいたことがあるので、NHKの中継映像に「わっ、鶴岡駅がすごく新しくなってる! 駅前にお店増えてる!」、「新潟駅が工事に入って、この前までの一部大阪駅みたいになってる!」みたいなことにどよめく・・・まぁ、そんなに被害は大きくなさそうというのを感じていたので、そういう方向に思えたんだろうけど。
 住んでいるところが遠いと、こういうことでしか今の風景を見られないということなのかも。
 いや、生活圏内でも、普段通らない道をたまに通ると「あれ、あの店がなくなって違うものができてる!」ということもあるので・・・ほんと、自分が“見ている・見ることができる”範囲なんてわずかなものですわ、と実感。
 いろいろと連鎖しないことを祈ります。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする