2019年04月29日

パワー/ナオミ・オルダーマン

 また図書館から予約が詰まっている本が!
 すぐ読んで返さねば!、と通勤電車でも読んでいたが、ソフトカバーなれど文庫の倍のサイズなのでやはり読みづらかった・・・おまけに少し前に話題になった本を「いかにも」という感じで読んでいるのもちょいと恥ずかしかった(ただの自意識過剰)。 だからこそ早く読めたというのもあるが、内容がそもそも面白かった。

  パワー ナオミ・オルダーマン.jpg パワー、それは女性が持つ物理的な力。

 ある日、14歳のロクシーは目の前で母親を殺され、その怒りが引き金になってパワーが目覚める。 手から強力な電流を発することができるようになったのだ。 が、それはロクシーの身にだけでなく、世界各地の女性たちの身に起こっていた。 力を得た女性たちはこれまでの社会構造に反発し、革命が各地で起こる。 男たちへの女たちの逆襲が始まる、<男女逆転のディストピア・エンタテインメント>。

 著者は『侍女の物語』の作者マーガレット・アトウッドの弟子(?)らしい。 SF設定を借りた“女が男を支配する世界”についての物語は、『侍女の物語』と表裏一体というか、実はテーマはほぼ同じといえる。 原著は2017年に大評判になっているのでここ最近に書かれたものという意味でもとても新しい。 完全にトランプ的なものへの挑戦状。
 いわば現行の、<男が支配する世界>から女性のパワーの目覚めによる<女が支配する世界への移行>が描かれているので、結構残酷な描写があっても「まぁ、それはこれまで女性がやられてきたことだからな」と思えてしまう恐ろしさ。 個人にはそんなこと関係ない悲劇なのに。
 だからといって、「女性が権力を握ればこの世界はもっと平和になる」という話ではなく・・・力・権力を持つ者は当然のようにそのパワーを使ってしまうという、そこ、結局男女は関係ないよねという話でもあり・・・自覚なく力を持っていることが悪いのか?
 どちらにせよ、片方の性別が力(権力の意味でも暴力の意味でも)を占有するとはどういう意味をもたらすのか、が、これ以上なくわかりやすく提示され、特に女性の自由が制限されている国・地域のひどさがより先鋭的に伝わるという。 逆に、ここまでやらないと伝わらないのだという悲しみもありで・・・男性が読んだらどう思うのかは非常に興味深いところ。 しかしこれを読んで考えを変えてほしいような人はきっと読まないんだろうな・・・。
 ただ『パワー』はメタ構造になっており、それがさらに皮肉を増大させているのだが、ストレートな衝撃もやわらげているような気もして・・・なんとなく、そこに<女性的な気遣い(攻撃を受けないためのさりげない防御)>めいたものを感じてしまうのは考えすぎかしら。
 とはいえ、自分の中に刷り込まれている社会的固定観念について知るには、格好の題材である。

ラベル:海外文学 SF
posted by かしこん at 16:34| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする