2019年04月14日

今日は7冊。

 4月から買う本を少し減らそう!、と思っているのですが・・・シリーズものとか、珍しいものが出られるとどうしようもない。
 そして4月ってなんか意図しないお金が出ていくのは何故? それが“新生活”ってやつ?

  蜜蜂と遠雷1文庫.jpg蜜蜂と遠雷2文庫.jpg 蜜蜂と遠雷/恩田陸
 「恩田陸、音楽小説を書く」ということで気になっていましたが、単行本だったから文庫になってから・・・と思っていて、でもその間に直木賞や本屋大賞をとり・・・そこで読んだらブームに乗っかっているようでなんかはずかしく(?、図書館の予約数もすごかったからということもあり)、今回の文庫化でめでたく手に取ることになりました。

  探検家の事情.jpg 探検家の事情/角幡唯介
 単行本時、『探検家、40歳の事情』だったもの。 年齢が合わなくなったので改題した、というところでしょう。

  月読 山岸涼子自選作品集.jpg 月読 自選作品集【新装版】/山岸涼子
 『天人唐草』に引き続き、山岸涼子トラウマ短編集。

  毒薬の輪舞.jpg毒薬の輪舞帯付き.jpg 毒薬の輪舞/泡坂妻夫
 今回もエンケンさんのイメージキャラ巨大帯つき。 前作よりちょっとソフトイメージになってますが(「ドラマ化するのか?」という問い合わせでも殺到したのだろうか・・・)、ドラマ化か映画化を期待したくなっちゃうよな〜。 内容的に難しいのはわかってますが。

  偶像の黄昏.jpg 偶像の黄昏/フリードリヒ・ニーチェ
 おお、これが文庫で、しかも新訳でさらっと出るとは! ニーチェわりと好きですが、あたしの世代では『偶然の黄昏』は全集の一部とかでしか読めなかった。 これもニーチェブームのおかげでしょうか?

  たーたん3.jpg たーたん 3/西炯子
 西炯子さんも複数作品を同時連載しているのでしょうか・・・すごいなぁ、と思いつつ、その分刊行ペースもゆっくりになってしまうのは否めない。 読者層が比較的高いからできること、なのかもなぁ。 若者はなかなか待てまい。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 15:52| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする