2019年04月07日

許されざる者/レイフ・GW・ペーション

 <スウェーデンミステリの重鎮>と紹介されてからもう一年以上・・・「重鎮とか巨人とか何人いるんだろう」と思いながら、別作品の翻訳が出ないのかと待っていたのだが、出る気配がさっぱりないので読んでしまうことにした(そう、ずっと読みたかったのだが、読み終わるのがもったいないかも・・・と手を付けられずだったのである)。
 そしたらもう、566ページというそこそこの大作なのにもかかわらず読むのをやめられず。 読みかけの別の本に手を伸ばすこともなく、一気に走り抜けてしまった。

  許されざる者創元推理文庫.jpg 表紙の美しさも読後、より迫るね。

 かつての国家犯罪捜査局長官のラーシュ・マッティン・ヨハンソンは定年で引退後の生活を送っていた・・・が、ある日突然脳梗塞で倒れ病院に運ばれる。 右半身に麻痺は残ったものの、命は助かった。 ヨハンソンの経歴を知った主治医のウルリカから、牧師をしていた父親が聞いた告解が過去の未解決事件に関係しているのでは、と相談される。 25年前、9歳の少女ヤスミンが殺された事件だが、残念ながら時効が成立していた。 警察では捜査できないため、ヨハンソンはかつての同僚(彼も定年している)、介護士、かつての部下(今はスウェーデン警察や公安部などの上層部にいる)らの手を借りながら、アームチェア・ディテクティヴばりに調査を進める・・・という話。

 いやー、幼児・子供を対象とする性犯罪者ってこんなにも全世界的に憎まれているというか、死刑のない国でも「無残な死を迎えて当然」と多くの人に思われているんだな・・・ということを改めて感じさせる。 勿論ヨハンソンは法律を重んじているので、私刑を決して肯定しない。
 『コールドケース』的な物語を重厚で長大にしているのは、ヨハンソンの闘病・リハビリの描写もあるから。 もともとヨハンソンを主役にしたシリーズがあるようで、シリーズ最後の作品を先に読まされてしまったような微妙な気持ちもある。 脳に負荷のかかった患者が、これまでの性格とはまったく違うような言葉や言い方をする、というのはよく聞くけど、事前にヨハンソンのキャラを知っていればもっと驚くことになったのかもしれないな、と思ったり。
 犯人は後半の早い段階でわかるのだが・・・犯人当てがこの物語の趣旨ではない。 法で裁けない犯罪者に対してどうするべきか、について多く割かれるのが非常に今日的で、日本だったらここまでいくかな?、と考えさせられる。
 なるほど、ヘニング・マンケルでもなく、アンデシュ・ルースルンドとも違う、<スウェーデンミステリの重鎮>という呼び名にふさわしい。 “事件”にかかわってしまった基本的に善良な人々は、その後の人生にずっとその影を引きずり、もう元の世界には戻れないということがこんなにも伝わるとは!
 そして<つながり>は人知を超えたことろにある、とでもいうような運命的なもの(場合によっては紙の采配ともとれるような)。
 やはり北欧ミステリは面白い。 やばい、またはまりそう。

posted by かしこん at 16:18| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする