2019年03月10日

今日は6冊。

 3月、最初の本買い。 今月はなんだかんだ多いのよ・・・お金いくらかかるかなぁ。

  ゴーストライター マロリー.jpg ゴーストライター/キャロル・オコンネル
 <キャシー・マロリー>シリーズ11作目。
 順調に出てくれるのはすごくうれしい!、のですが、あたしは4作目『天使の帰郷』で止まってまして・・・マロリーの過去に向かい合う覚悟ができていない! でも話はどんどん進んでいるのだから、チャールズもきっと乗り越えているかなにかしているはず・・・よね。 そろそろ読みますか。 でもシリーズの続き、どこにしまったかな・・・。

  砂糖の空から落ちてきた少女.jpg 砂糖の空から落ちてきた少女/ショーニン・マグワイア
 三部作の最終章、ですが著者の世界観が広がり、4作目・5作目も書かれているという・・・。 直接の続編という感じではなく、世界観を共有する別の時代のものらしいのですが、あまり広げられると追いかけるの大変なの。
 このシリーズ、他の創元推理文庫に比べてフォントがすごく大きいんだけど、ページ数を増やすための仕掛け?!
 いやいや、この話、子供たちにも読んでもらいたいから大きい字にしているってことよね! それでもいわゆる児童書や青い鳥文庫などに比べると小さいですが。

  白夜の警官.jpg 白夜の警官/ラグナル・ヨルソン
 <アリ=ソウル>シリーズ第三弾!、と帯にありましたが、実際は一作目『雪盲』の次の話らしくて、じゃあ二作目じゃん!
 やっぱり順番通りに訳してくれてなかったんだね、としみじみ。
 ゲームクリエイターの小島秀夫氏が解説でほめちぎっておられますが、なかなか北欧ミステリを読み込んでいる感じの方らしいのでちょっと信じたくなる(でもジョー・ネスボならハリー・ホーレのことも書いたほうが)。 『極夜の警官』を読んでさかのぼりたくて『雪盲』を探したら全然見つからなかった、というのは非常にリアル・・・翻訳ミステリー、売れてないのね。

  ザ・プロフェッサー 文庫.jpg ザ・プロフェッサー/ロバート・ベイリー
 これも『白夜の警官』同様小学館文庫から。 一般文芸っぽい表紙ですが、内容はリーガルスリラーらしく。
 これは翻訳者が自分で出版社に持ち込んで出版が決まったパターンだそうで、最近そういうの増えている。 世界的な出版点数の増加・編集者の不足・依頼を待つだけでは翻訳業だけでは喰っていけない、からかなぁ。 きっとそうだよねぇ。 だから地道に読者として買っていこうとは思っているんですけど。 

  歪み真珠 山尾悠子.jpg 歪み真珠/山尾悠子
 <バロック>をあえて日本語で表したタイトルに、この本の意図はあるのかも。
 山尾悠子の文体はドキドキするわ。 ジェフリー・フォードの他の作品も補訳してほしかったなぁ(『白い果実』は金字塔ですよ)。

  ソウナンですか?4.jpg ソウナンですか? 4/原作:岡本健太郎・漫画:さがら梨々
 今年の7月にアニメ化決定だそうですよ!
 でもまだ4巻しか出てませんよ・・・すぐ追いつかれてしまいそうな不安(余計なお世話)。
 ついにサメも出てきた!、けどメインは女子高生たちの真の友情なんですかね・・・いいんですけど、男性誌に連載されている故かの無駄なサービスシーンが痛い・・・のは、あたしが女子だからですかね・・・。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする