2018年10月29日

槐/月村了衛

 というわけで、引き続き『槐』です。
 『ガンルージュ』読了後、「確かなんとなく似た話だったよな・・・」と未読本の山をかき回す。 確かこのへんにあったはず、という記憶とそれほど離れていない場所で見つかる。 つながりというか、そういう縁ってあるものです(タイミングが悪いときは、目当ての本は絶対見つからず、忘れた頃に不意に出てくる)。

  槐.jpeg うっ、買ったの一年以上前だった・・・。

 野外活動部に所属する中学生たちは、教頭先生・副顧問の由良先生とともに湖畔のキャンプ場に向かう。 夏休みを利用したごく普通の合宿のつもりだったが、実はこのキャンプ場には振り込め詐欺でため込んだ利益金が隠されており、その金を奪うために半グレ集団がキャンプ場を占拠、邪魔者である利用客たちをばんばん殺し始める。 気配を早めに察知し、どうにかして警察に連絡を入れようとする中学生たちだが、その存在が相手側にバレ、絶体絶命のそのとき、<何者か>が反撃を開始する!・・・という話。

 『ガンルージュ』よりページ数多め、登場人物も多いので(つまりは殺されるのが残念な人たちも多い)、バイオレンス描写以上に少年少女たちの青春・成長物語としての側面が強くなっている。 でもダメそうな大人にもきちんと見せ場は与えられていて、うっかり泣いちゃうところですよ。 そして女戦士<槐>の強さや冷酷さときたら『ガンルージュ』の“お母さん”よりも上。 でも期間限定カントリーマアムを気に入っちゃうところは女子だね!
 で、ゲスはゲスであっさり死んでもらうか、死ぬよりつらい苦しみを味わってもらいます。
 400ページ弱ですが、通勤往復で読み終わっちゃったよ・・・すごいなぁ、このスピード感。
 エンディングで成長した中学生たちのことをきっちり書くのも好印象(若干中学生たちも類型的ではあるんだけど、自分がどれに近いか当てはまるやつは見つかる)。 ただ書けばこっぱずかしい感じになってしまいますが、ありえない狂気の修羅場をくぐってきたからこそ言えるってことでそこはごまかさない!
 つい、世界中にいる半グレ集団を槐にやっつけていただきたくなるのだけれど(シリーズ化を望むということか?)、毎回槐に<小さき者>との交流がないと物足りなくなると思うので・・・でもそうなると槐に“甘さ”が追加される危険をはらむかもしれないので、ここはやはり一作きりのほうがいいのかなぁ(ハードな世界で生きていく槐の姿ならば、それはそれで。 『機龍警察』シリーズのゲストに出てもらうとか)。
 いやいや、『機龍警察』シリーズしか読んだことはなかったのですが、「SF要素なしのリアリティのある荒唐無稽」も書く人だったんですね・・・すみません、気づかなくて。
 現代版『必殺!』みたいで、面白かったです!

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする