2018年08月09日

スケアクロウ/マイクル・コナリー

 引き続き、マイクル・コナリー。
 今度は新聞記者ジャック・マカヴォイくんが主役。
 『真鍮の評決』にもちらっと登場し、さっぱり好印象を与えなかった彼、前回単独主役だった『ザ・ポエット』でもイヤなやつぶりを披露してくれましたが、あれから10年以上たっているけど彼は多少変わったのでしょうか。 いや、多分、変わってないな〜。
 シリアルキラー<ザ・ポエット(詩人)>との対決後、大手のLAタイムズの記者となったジャック・マカヴォイ。 しかし紙媒体不況は新聞社も例外ではなく、ジャックにもリストラ通知が。 若手への引継ぎ期間は2週間。 冤罪事件の匂いを嗅ぎつけたジャックは、これをLAタイムズ最後の仕事にしようと意気込むが、その背後にはシリアルキラー<スケアクロウ>がいた・・・という話。

  スケアクロウ1.jpgスケアクロウ2.jpg コナリー・ミステリー史上、もっとも不気味な殺人犯!、とのこと。

 冒頭からいきなり犯人側の描写なので、「誰が犯人か」が重要な話ではない。
 インターネットを熟知してそこを狩場とする犯人と、ネットの負の可能性について知らなすぎるジャックの攻防戦(というかその点でジャック側に勝ち目はないので、そもそもどこで気づくのかが重要)にハラハラさせられますが、本作の原著は2009年発行なのでスケアクロウ側ができることが2018年現在では「そういうことやろうと思ったら能力のある人にはできる、のは常識」。 だからジャックの気づかなさが非常に間抜けに映ってしまうという・・・。
 本書は『ザ・ポエット』同様、ジャックの一人称で進むのだが(犯人視点のみ三人称)、このジャック・マカヴォイくんのいささか露悪的な自我の発露が自己愛からきていることが透けて見えて・・・まぁ、うぬぼれやさんなのですね。 その感じが、すっごく腹が立つ(ミッキー・ハラーは自分の行為を恥じることを知っているが、ジャック・マカヴォイはどんな言葉を口にしようとも本心から自分が悪いとは思っていない)。 でも自分の署名入りで記事を書く人って少なからず性格にそういう要素があるのかも、そういうところがないと記者ってできない仕事なのかも。
 そしてジャックといえばレイチェル・ウォリングである。 <ボッシュもの>ではイヤな女代表その2(その1はボッシュの元妻)であるレイチェル、本職はFBI捜査官。 でもジャックと組むとイヤな女感が薄まる不思議・・・ジャックのほうがイヤなやつだから? でも解説で真山仁氏が「レイチェルってなんていやな女だ」的なことを書いているので、感じ方には男女差・個人差があるものと思われます。

 スケアクロウとは、当然のことながら案山子。
 インターネットの危険性を描きつつ、コナリーがいちばん描きたかったのは「新聞社を利益優先の産業と捉えることが間違っている」ということ。 ただの情報発信ならそこらへんのブロガーでもできる、家から一歩も出ずにニュースまとめサイトを運営できる、でもそこに書いてあることが真実かどうか、誰が裏を取り、責任を取る? それが記者の、新聞社の社会的役割なのだ、という気概。 コナリー自身が新聞記者出身だから、ということも大きいのだろう。
 そのため、犯人描写がいささか類型的という気もするが・・・「シリアルキラーの内面を理解する必要はない」という突き放し方は面白い。
 そう、次々といろんなことが起こるのであっという間に読み終わってしまうのだけれど・・・やっぱりジャック・マカヴォイ、好きになれないな〜。

ラベル:海外ミステリ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

スティール・キス/ジェフリー・ディーヴァー

 読みかけ本が複数あったが、図書館からのお呼び出しによりすべて中断してこちらに鞍替え(次の予約の人がいるから一日でも早く読み終わらねば)。 まぁ、勢いに乗れば数日で読んじゃうのですが、ハードカバーなものでね・・・。
 リンカーン・ライムシリーズ、12作目。
 前作で、「きゃーっ! ロン・セリットーはどうなったのよ!」と叫んで終わったあたし。
 いくらジェフリー・ディーヴァーでも、最初から今まで続いてるレギュラーメンバーを殺すことはしないだろう(シリーズ初期の頃ならば十分あり得ることだが)!、とわかってはいても、ほんとに心から信用しているわけじゃないし(読者の気持ちをどん底に叩き込むためにそういうことをやりかねない、という不安もあり)、だから本作を読むのはとても勇気のいることでした。
 そしたらば、<主な登場人物>欄にロン・セリットーの名前がない! リンカーンは犯罪捜査から手を引いている!
 ・・・ちょっとーっ、やめてよ〜。

  スティール・キス ジェフリー・ディーヴァー.jpg 身近な凶器があなたを殺す ← まずはエスカレーターから。

 “ある出来事”をきっかけに、ニューヨーク市警との特別顧問契約を解消したリンカーン・ライムに対して、アメリア・サックスは怒っている。 <未詳40号>と名付けられた殺人犯の捜査にライムの力を借りられないから、これまでのような素晴らしいラボとチームを手放さなければならなくなったから。
 その日も<未詳40号>を追いかけていたアメリアだが、ショッピングモールのエスカレーターの踏み板が突然はずれて通行人が中に落ち、エスカレーターを動かしている機械に巻き込まれ、出血多量とショック状態で死亡してしまう。 その場に居合わせたアメリアは被害者を救えないうえ、<未詳40号>の逃走を許してしまう・・・という話。

 リンカーンが犯罪捜査から手を引いた理由はロン・セリットーだと当然思うじゃない?
 でも違うんだよ! ほんと意地悪だよね! そりゃアメリアも怒るさ! 確かにそれだとわかりやすすぎるけど、まるでロン・セリットーを心配しているのはあたしだけ、みたいな気持ちになるじゃないか(それもまんまと作者の術中かもしれないんだけどさ)。
 引退したリンカーンは大学で教え始めて、元疫学研究者のジュリエット・アーチャーを助手見習いにするなど、新キャラ登場。 アメリアの元恋人(リンカーンと出会う前のね)ニックまで登場し、<未詳40号>のインパクトは意外に弱い。 とはいえ、ひどいことが起こりそうな予兆に満ちた部分を読まされるのはこっちもハラハラドキドキだ。 スマート機器に潜む危険はリアルではあるんだけど、特別新しい視点というわけでもないところが微妙だが。
 恒例のどんでん返しもありますが、意外と小振りというか、『SAW』シリーズ後半の巻き戻し種明かしにちょっと雰囲気が似ている感じがしないでもない。
 いつのまにかプラスキーがお笑い担当になってしまっているようで・・・。
 まぁ、読み始めると読んでしまうんですけどね。 レギュラーメンバーへの愛着が、その近況報告で満足してしまう部分もなきにしもあらずで(それはシリーズものの宿命)。
 そして出番は少ないですが、ロン・セリットーは帰ってきます! それだけで、あたしはうれしかったよ。

ラベル:海外ミステリ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

ウインド・リバー/WIND RIVER

 暑いので、ホラーでなければ雪景色がある映画!
 そしたらありましたよ、『ウィンド・リバー』が(8月末には『クレイジー・フォー・マウンテン』という山登りドキュメンタリーもあるし)。 ジェレミー・レナー好きなのよね。 しかも『ボーダーライン』の曲本を書いたテイラー・シェリダン初監督作品だという。
 寒さだけでなく、重さも一緒についてきそうだけど。 望むところだ!

  ウインド・リバーP.jpg なぜ、この土地<ウインド・リバー>では少女ばかりが殺されるのか―― 世の中から忘れられたアメリカの闇を描いた極上のクライムサスペンス

 アメリカ、ワイオミング州のウインド・リバーはアメリカ先住民保留地。 いわゆるネイティブ・アメリカンの流れを汲む人々が住んでいる場所。 合衆国魚類野生生物局(FWS)職員のコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、ハンターとしてそのあたりで飼育動物を襲うオオカミなどを狩るのが仕事だ。 ある日、奇妙な足跡を見つけたコリーは、その先で若い女性の遺体を発見する。 それは娘の親友ナタリー(ケルシー・アスビル)だった。 通報によりFBIから捜査官のジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣されてくるが、彼女の任務は捜査ではなく<捜査チームを派遣するか否か>を判断することだった。 このままでは専門家チームを呼べないと判断したジェーンは、保留地に住む人々からの信頼も厚く、周囲の自然環境についても詳しいコリーに捜査の協力を申し出る、という話。
 “先住民保留地”については『フローズン・リバー』でも少し描かれていたけれど、「合衆国の法が通用しない場所」というイメージ。 でもそれは向こう側が悪いのではなく、アメリカが「法の範疇外」と勝手に定めてしまったせいである。 保留地の警察は地元から採用された数名だけで州警察の範囲外(だからFBIを呼ぶことになる)。 保留地であると示す看板には“Indian”と書いているし(錆びているから修正もされないまま長年放っておかれているのだろう)、はためく合衆国国旗もまたボロボロ。 打ち捨てられた場所であることをそのワンカットで示してくれる哀しさ。

  ウインド・リバー4.jpg 「ヴェガスの出張から直行したので」、とやってきたFBIはこんな薄着のペーペーだし。 まぁ、彼女の視点は何も知らない観客と同じものになるのだけれど。
 先住民が住む保留地で、いわゆる白人であるコリーが何故信頼されているのかといえば、彼はネイティヴアメリカンのウィルマ(ジュリア・ジョーンズ)と結婚してそこに住んでいたから(現在、その関係は破綻しているが、子供がいるから頻繁に訪れている)。 ナタリーの父マーティン(ギル・バーミンガム)は隣人であり友人で、仕事柄地元警察とも関係が深い。 とはいえネイティヴアメリカンではないということから“余所者”と見る者たちもいる、特に目的や希望を見つけられずに酒やドラッグに溺れてしまう者たちから。
 これは究極の、“大きな産業を持たない地方”の物語でもあるのだ。 北の田舎出身のあたしにはいろいろと思い当たって(勿論、ここまで自然は過酷ではないけれども)、ひどく切なくも悲しい気持ちになる。

  ウインド・リバー3.jpg 早々にジェーンはメンターを見つける。
 自分の能力の限界を見極め、助力を求めるのは正しいやり方である。 FBIだから、とメンツにこだわらない素直さがジェーンのよいところなれど、なんでも頼ればいいってものでもないのよ・・・。
 しかし相手はジェレミー・レナーだ、頼りたくなる気持ちもわかる。 必要最小限なことしか言わないが、常に的確で言葉より行動。 でもその顔に刻み込まれている深い苦悩を見て取ることはできないものか。 年齢とか関係なく、なにか大きなものを背負ってしまった人の絶望と、それに押しつぶされないで立ち向かうことを決めた強さと、同時にその覚悟を後悔しているような諦観。 極寒にさらされただけではない肌の荒れ具合にそれを見る。 あぁ、これまでのジェレミー・レナーのキャリアの中で最上のランクに入れられる演技であり作品ではないだろうか。 なんで主演男優賞にノミネートされなかったんだろう、不思議で仕方ない。 「『アヴェンジャーズ』に出てる場合じゃないぞ」と思ったりしてたけど、ちゃんとこういう重厚な作品に出てくれている、とわかるのはファンとしてうれしい。

  ウインド・リバー1.jpg ハンターとして、白を着るのは保護色だから。
 何故ナタリーは死んだのか、を追うミステリーだが、『ボーダーライン』を書いた人物だから勿論ただのミステリーでは終わらない。 社会派、という言葉では収まりきらない“容赦ない現実”を描き出してはこちら側に突きつける。
 結局のところ「持つ者と持たざる者」との格差問題のようでありながら、「持たざる者」が「持つ者」と思っている相手がもっと広い視野で見れば「持たざる者」に入ってしまっているという・・・間違った被害者意識はどうしようもない、という話でもあり、そもそもそのような格差を作り出しているのは何なのかという話でもあり。 それは都会でも僻地でも同じことなのだけれど。
 それはやはり、マイナス30℃の空気の中では呼吸するだけで死に至る(肺胞が凍って出血し、自分の血に溺れるようになるうえに、その血液も凍り付くから)、そんな過酷な自然の中で暮らすという意味がわからない人がいるから、そんな相手には法律など通用しない、という感覚があるからだろうか。 自然の前では謙虚にならざるを得ないことを本能的に気づけない人間は危険。
 銃が必要な土地ではあるんだけど・・・やっぱり、誰も彼も銃器を持つようではよろしくない、ということもしみじみ感じる。
 緊迫感をはらみつつ、比較的静かに進むこの映画は、後半の銃撃戦以降にそのパワーを爆発させたかったのだろうか。 あまりに唐突に始まるそれは、だからこそ逆にリアルだった。

  ウインド・リバー2.jpg 実は、男同士の友情の物語でもあったのだ。
 それだけが唯一の救い・・・というか。
 最後のテロップで、「先住民保留地における行方不明者のデータは存在しない」と出る。 誰も統計を取っていないから。 行方不明者が何人でようともデータとして国の統計に反映されないから、誰も気づかないし誰も調査しない。 アメリカ国内でありながら、同じ国としての扱いをされていない。 それがこの映画の伝えたい、いちばんひどいことなのだ。
 だがしかし・・・エンドロールでハーヴェイ・ワインスタインの名前を見つけてしまった。 もしかして、賞レースに乗れなかったのはこのせいか! タイミングが悪かったといえばそれまでだが・・・ワインスタインめ、罪深いことを。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

インサイド/INSIDE

 夏のホラー映画が減った。
 もともとアメリカのホラーシーズンはハロウィーンだが、だからこそ大作やシリーズものではない掘り出し物を日本で公開するにはいいタイミングなはずだが・・・時期的に夏休みは大作が多いので、その前か8月終わりぐらいになってしまうのは仕方ない(今年でいえば、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』はホラーと言えないこともないが)。 本作は数少ない夏のホラー映画である、という印象だけで観に行ったので、前知識は全然なかったのだが。

  インサイドP.jpg この恐怖は聴こえない。
   未体験の緊張感が襲うエクストリーム・シチュエーション・スリラー

 サラ(レイチェル・ニコルズ)は出産を間近に控えた身で、愛する夫とともにその日を待ち望んでいた。 しかしある日、突然の交通事故で夫を失い、自分自身も聴力に問題が残った(さいわい、補聴器があれば支障はないし、胎児も無事だった)。 とはいえ夫を失った悲しみは耐え難く、郊外の家でこれからたった一人で子育てをする自信もなく、不安に押しつぶされそうに。
 そしてクリスマスの夜、見知らぬ女が家を訪ねてきた。 サラはその女のことはまったく知らないが、その女(ローラ・ハリング)はサラのことをよく知っているようだ。 彼女は家に侵入してきて、サラから子供を奪おうとする・・・という話。

 冒頭で「アメリカでは乳児誘拐は年間〇〇件、そのうち10%は胎児の状態で奪われる。子供を奪われた母親(つまりおなかを切り裂かれるから)の10人のうち9人は命を落とす」的な意味合いのテロップが流れて、ぞっとする。 ドラマ『プライベート・プラクティス』にそんな場面があったが、あれってリアルな話だったのか! いくらなんでもそれはちょっとやりすぎ、と思っていたのに!
 そんなわけで「狙われているのは胎児」ということは最初からわかっているので・・・いわゆるホラー映画の段取りが全部整うまでの過程がとても怖い。 お風呂に入るサラが補聴器を取り外すだけで「その間に何か起こったらどうする?!」とものすごくハラハラさせられる。 また謎の女が誰なのかまったくわからないところもおそろしい。
 ドアを挟んでの攻防は、突き刺さるナイフの先端があたかもサメの背びれのように見えて、はっとさせられる。 また「自分から部屋に閉じこもる」ことと、「意図せず部屋に閉じ込められる」ことは現象としては同じことなんだけどこんなにも重みが違うとは。 舞台はアメリカなんだけど、アメリカンホラーっぽくないニュアンスがあって興味深い。
 条件がしっかり揃ってからは(あぁ、この人は殺されるな、という人たちが出てきてからは)、まぁ普通のホラー映画っぽくなってしまいますが、見せ方が面白くて最後まで飽きなかった。 まぁ、さすがに中盤以降は謎の女の正体というか行動の理由は推測できてしまうのですが、それは仕方ないかと。 出産そのものをモチーフにしたラストの攻防は、ストレートすぎてびっくりしたが(あたしは「感染症になるぞ!」と別の意味でドキドキしたが)、ある意味、それがテーマであろうし。
 監督や主なスタッフがスペイン系の名前だったので、アメリカ的ではないホラーテイストに納得。 スパニッシュの勢いは衰えない!

posted by かしこん at 19:26| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

今日は3冊。

 8月に入ってしまった。 もう気持ちは夏休みを待ち望んでいる。 というか夏休み待機モード。

  錆びた滑車.jpg 錆びた滑車/若竹七海
 おぉ、葉村晶が帰ってきた!
 『さよならの手口』以降、年に一作ペースで出ているじゃないか。 うれしい驚き!(でもこれが続くと年一作を期待してしまうんだよなぁ)
 どうやら葉村晶はあのシェアハウスを出て別なところに引っ越すらしい。 え、あそこいい環境だったのに。 事件もだけど、彼女の人生に付き合っている感じがする。
 解説を戸川安宣さんが書いていて、その肩書は(編集者)となっていた。 定年退職したと別の解説に書いていたけど、今はフリーの編集者ということなのか。 探偵同様、編集という仕事も職業ではなく生き方なのかなぁ。

  片桐大三郎とXYZの悲劇.jpg 片桐大三郎とXYZの悲劇/倉知淳
 「おぉ、これって<ドルリー・レーン>のパロディ(パスティーシュ)なんじゃないの?!」ということで。
 片桐大三郎氏は元銀幕の大スター、聴力を失っているため耳代わりをつとめる若き付き人がいるそうです。 唇は読めないのかな?
 表紙絵からは明らかにコメディタッチですが・・・どこまでドルリー・レーンを踏襲するのか楽しみです。

  お猫さまズ暮らし。.jpg お猫さまズ暮らし。/わかつきめぐみ
 「作品としてはフィクションだけど、猫の行動はすべてノンフィクション」という、エッセイ風コミック。 バーコードとISBNナンバー以外すべて手書き文字!、というところにひかれましたが・・・なんか中身が薄い・・・。
 現在一緒に住んでいる猫3匹と、その前にいた猫の思い出話で構成されていますが・・・「えっ、これ、最近の話?」と思ってしまうほどなんか猫飼いの価値観が古い気がして(エサのこともあるけど、家の外に出しているのかと思われる記述がごく普通に)。
 猫の飼い方にいろいろ考え方はあるでしょうが、そしてあたしは今猫を飼っていないのですが、なんか合わない、と思ってしまった。 残念。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする