2018年06月05日

ピーターラビット/PETER RABBIT

 もともとの『ピーターラビット』を読んだのは結構あとから。 繊細でキュートな絵のイメージが先行していて(何故か家にピーターラビットのイラスト入りのマグカップがある)、原作読むと意外にヘヴィな内容に度肝抜かれた。 人間と野生動物の戦いがそこにはある。
 実写化と聞いたときは「『パディントン』みたいになるのであろうか・・・」という危惧があったけど(最近の実写映画は予告を見た限りでは、小学生から読んでる『くまのパディントン』のあたしのイメージを大きく覆すものだったので観る気も起きなかったんだが)、こっちの予告ははじけ具合が原作のイメージをあえて離れる方向を選んだように思えたので、興味を持った。
 それにマクレガーさんがドーナル・グリーソンなんだもの・・・楽しみじゃない!

  ピーターラビットP.jpg ケンカするほど、好きになる。

 舞台はイギリスの湖水地方(多分、設定も現代に)。 いたずら好きなウサギのピーターとその姉妹たち、いとこのベンジャミンは大きな木の下に掘った穴を自分たちの棲み処として毎日楽しく暮らしている。 ピーターたちの主な標的はしっかりおいしい野菜を育てているマクレガー家の家庭菜園。 一人住まいのマクレガー氏(サム・ニール)は丹精込めた野菜をウサギたちに奪われることに腹を立て、毎日知力と体力を尽くした攻防戦を繰り広げていた。 画家志望のファンタジー脳の持ち主ビア(ローズ・バーン)はマクレガー家の隣の家に越してきたが、ウサギたちを絵のモデルにしたりと友達付き合いをしてくれ、ピーターはビアにすっかりお熱。
 ある日、マクレガー氏が倒れ、屋敷の所有権はロンドンのハロッズで働く若きマクレガー(ドーナル・グリーソン)に移る。 見るだけ見て売りに出すつもりだったが、彼もまたビアに一目惚れ。 恋のライバルともなったピーターとマクレガー、野菜畑の攻防もどんどんエスカレートしていき・・・という話。

  ピーターラビット2.jpg CGアニメなんだろうけど、ウサギのモフモフ感がすごい!
 なんというか・・・ものすごくパンクな映画だった!
 自然保護とか動物かわいいとか、情緒的な雰囲気コメントを吹き飛ばすパワー。 生きるとは、まさに生存競争です、という野性の掟。
 でも、実は描かれていることは結構原作通りなんですよね・・・さすがイギリス、どんだけアレンジしても本質は見失わない。 逆に絵だけのイメージを持って観ると「こんなんじゃない!」とクレームが入りそうなレベルではあります。 あたしはわりと楽しかったです。

  ピーターラビット1.jpg ほとんどマクレガーさんは『トムとジェリー』におけるトムのような扱われ方に。 でもそれがすごくキュートで、ドーナル・グリーソンはコメディもいける役者になったと確信。
 ほんとにドーナル・グリーソンがかわいい!、のです。 『エクス・マキナ』のときとはまるで別人。 CGアニメキャラ相手ってことはかなり一人芝居を強いられただろうに、オーバーアクションと顔芸(?)で完成品として違和感なし。 だからピーターたちとのガチのケンカも(あれ、マジでやったら死にますよのレベルだけど)、素直にゲラゲラ笑える出来栄えに。 『トムとジェリー』も子供の頃は単純にジェリーの味方だったけど、大きくなるにつれトムに同情して応援してしまいたくなったように、あたしはマクレガーさんを応援したよ!(彼のハロッズ時代のエピソードも重要で、無茶しても共感できるキャラに)

  ピーターラビット3.jpg 『アバウト・タイム』ばりのラブストーリー風味あり。
 ピーターと若きマクレガー氏がしっかり描写されている分、ビアは「単なる世間知らずの不思議ちゃん?」になっちゃっているところもあるんだけど・・・ある意味、ビアに振り回される二人の不幸的な。 それにしても『ダメージ』以降薄幸なイメージが個人的に強いローズ・バーンがこういう役をやっても違和感覚えなくなってきたな・・・ということに感慨を覚えました。
 湖水地方の風景だけ見れば『ミス・ポター』をちょっと思い出すんだけれど、それ以外では一切かぶる要素なしなのもすがすがしい。
 ミュージカル仕立てなのかと思えばそれほどでもなく、生活に疲れた雄鶏などウサギ以外の動物たちもちゃんと描き(ロンドンの都会ネズミさん、超儲け役!)、ベンジャミンがお笑い担当なのはまぁ仕方ないかな・・・。
 だけど老マクレガーさんがサム・ニールだったことにエンドロールまで気づかなかったよ! メガネかけてひげ面で帽子もかぶって更に声もちょっとつくってたからわからなくても仕方ないんだけど、ファンだけにショックでした。
 エンドロール後に「我が家のウサギ」的一般公募のペットのウサギ写真が日本オリジナルエンディングとして追加されているのだが・・・もう実物のウサギ写真より映画の中のウサギたちのほうがモフモフであると気づかされるだけ、でした。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする