2018年04月07日

今日は3冊!

 雨のあと、急に気温が下がった感じ。 湿気が空気を冷やしているのね。 またまた着る服に悩む最近。 雨降ってると日中はなんか蒸し暑いしな〜。

  パタリロ099.jpg パタリロ! 99/魔夜峰央
 ついに99巻です!
 しかし内容は・・・「ミーちゃん、アスタロトを訪ねて魔界を行く」の巻。 まだまだアスタロトまで遠く、事情を知りたいパタリロにも説明が中途半端。 この流れなら100巻でも終わらず、しばらく続くんじゃないか・・・の気配。
 でも、「魔界を行く」の描写はまるでマグリットの絵の世界に入り込んだかのようで、絵でしか表現できない面白さにあふれてる。 ところどころのしょーもないギャグはまぁお約束だから仕方ないとはいえ、真面目にやりすぎるのはもう作者の性に合わないのでしょう。 100巻で切れよく終わらないのも、多分そう。

  コールドコールドグラウンド.jpg コールド・コールド・グラウンド/エイドリアン・マッキンティ
 新たな警察小説のシリーズスタート。
 今回の舞台は80年代の北アイルランド。 独立問題やテロに揺れていた時代に殺人事件を解決することとは、みたいな感じ?
 主役の刑事ショーン・ダフィもまたキャラの立つ男であるらしい。
 北欧もいいけどイギリスもいいね!

  日本SF傑作選5 光瀬龍.jpg 日本SF傑作選5 光瀬龍
 光瀬龍といえば『百億の昼と千億の夜』。 入り口は萩尾望都の方だったけど、その後原作も読みました(あたしの宗教観に結構影響を与えている気がする)。 その姉妹編ともいえる『喪われた都市の記録』もよかった〜(これは高校の図書館で借りた)。 この2作でなんか満足してしまったような・・・。
 『夕映え作戦』などのジュブナイルは読んでいたけれど、それ以外の作品は読んでないかも(例によってタイトルは知っていますが)。 多分このシリーズの中で、いちばん新鮮なのはこれかも。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする