2018年02月21日

漣さん・・・

 今日は体調を崩して、仕事を休んでずっと寝ていた。
 昼過ぎくらいからようやく起き出し「あー、何か食べねば」、とごそごそ。 あぁ、洗濯したいのに、気力がわかない。
 その後、録画した海外ドラマを流して横になり、だらだら、うとうと。
 だからドラマの内容が全然入ってこず、同じドラマを何回も繰り返し流すことに。 聞き覚えのある台詞になんか安心し、またうとうと。 気がつけば夜。
 そんなとき、下の妹からメールが入る。
 「漣さん死んじゃったの?」と。
 は? それは『バイプレイヤーズ』のネタかなんかじゃないの? 半分頭がぼけた状態で、充電中だったタブレットのところまで動いてスイッチを入れる。 ヤフーニュースの号外表示が出ていた。
 ――えっ?
 ほんとなの? 事実なの?
 いやいや、今日これから『相棒』があって、そのあと『バイプレイヤーズ』ですけど!
 テレ東の『バイプレイヤーズ』公式ページを呼び出すと、<おしらせ>に漣さんのことが書いてある。 他の4人連名の、お悔やみの言葉が載っている。
 ・・・ほんとなんだ、ほんとなんだ! しかもこのコメントからは、まだ撮影中であることがうかがわれ。
 涙が止まらない。

 いつもの調子で『バイプレイヤーズ』第三話が始まる。 普通だ、まったく普通だ。 この流れでテロップは出せない、エンディングでだろうな、と思う。
 上の妹からもメールが来る。
 「報ステ見てるんだけど、なんか松重さんが病院に付き添ったんだって」
 地元にはテレ東のネット局がない。 ケーブルテレビがサービスとして、北海道の電波を拾ってくれているのだが、天候の悪化で映像が乱れたりするので画像の質は保証できない(だからサービスなんだけど。 地デジ以降どうなったのかは不明)。
 さすがしっかり者、影のリーダー松重豊。 ほんとに『バイプレイヤーズ』の関係性そのままじゃないか。
 これはネタです、最終回がネタバレしちゃいましたって、誰か言ってください!

  バイプレイヤーズ2.jpg まさか、これが漣さんの遺作になるなんてかけらも想像したことなかった。
 ひどいよ、漣さん。 いつも通りの適当な感じも、歌がうまくないところも、観てたら泣けてくる。 話が全然入ってこない。
 妹情報が続く。 撮影後に食事して、自室に帰ったところで漣さんから不調を訴えるメッセージがバイプレグループLINEに入り、松重さんが付き添って病院に向かったこと、他の3人も追いかけて、彼らに看取られていってしまったとのこと。
 ずるいよ、漣さん!
 残された人のことを考えてよ・・・責任感の強い松重さんだよ? もっと早く気付けば、とか救急車を呼んでいればとか、絶対悩んじゃってるよ。 他の人たちだってそうだよ。 今回参加しなかった寺島進は後悔するじゃないか。
 そもそも漣さんのこと大好きな人たちが、みんなショックを受けて、苦しむじゃないか!
 ひどいよ、漣さん。
 あたしのところの仕事場の、役に立たないおっさんたち何人もと引き換えにしていいから(仕事ができない奴らだから何人いても漣さんとはイコールになれないけれど)、いくらでも首差し出すから、帰ってきてよ! 『バイプレイヤーズ』の撮影、全部終わってないんでしょ? 第四話の予告はあったけど、多分最終回のナレーションは漣さん担当という構成だと思うから、どこまでできているのかわからないけど・・・。
 でもどうにか完成させてください。 中途半端な形で終わるなら、漣さんが悲しむ。

ラベル:ドラマ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする