2018年02月19日

ミステリと言う勿れ 1/田村由美

 これは1月発売の新刊ですが、ちょっと気になっていて・・・。
 そしたら、電子書籍で「期間限定お試し版」が出ているのに気づき、さっそくダウンロード。 無料ですが、お試し版なので冒頭のほうしか載ってないんだけど・・・面白い!
 なので速攻、仕事帰りに実店舗で購入。

  ミステリと言う勿れ1.jpg 整くんの天然パーマの髪型がすばらしい!
 主人公はカレーを愛する一人暮らしの大学生・久能整(くのう・ととのう)。 ある日、警察が訪ねてきて近所で起こった殺人事件について彼から任意で事情聴取を・・・というのが第一話。
 マンガでは珍しい会話劇! 筆者も舞台劇をイメージしたみたいなことをあとがきで書いているので、その雰囲気、わかります! (← つまりそれはドラマ化にもしやすいということでもあるのだが、キャストと演出のハードルは高いぞ)
 『ミステリと言う勿れ』と言いながらちゃんとミステリなんですけど、そうじゃない部分(?)も同じような台詞量だし、整くんにしてみれば自分が事件を解決するって意識がないからかもしれない。 個人主義で、ドライで、シビアなことも平気で言うけれど、整くんの言葉はどこか伊集院大介が話すことにも通じている気がする。 だから? どっちにしろ、整くんがにくめない。
 第二話が途中で終わっているので・・・早く続きをお願いします! 単行本派なんで。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする