2017年12月23日

セトウツミ ドラマ版を観終わって

 連続ドラマ『セトウツミ』がついに最終回。
 あたしは映画版を観たっきりだったので・・・(電子書籍で原作1巻試し読み増量版をそのあと読んで、「おぉ、セリフがほぼ一緒!」と驚いた)、そして映画版を気に入っていたので、「ドラマ版、比較しないですむかしら」と思っていて。
 いや、比較してしまうのは仕方ない。 それがプラス方向に働くか、あれはあれ、これはこれ、と両方認められるか。
 杞憂でした。 これはこれであり!

  セトウツミドラマP.jpg なんか、「リアルタイムの青春」って感じが強くなった。
 連続ドラマ、という形がこの場合よかったな。 「なにもない」と言いつつ何かある、それが楽しいお年頃。 あとから振り返ればあっという間だが、そのときは「のんびり」と感じられる時間。 田中君をはじめとしたオトモダチの存在もまた、“リアルな高校生活のワンシーン”度を高めてくれる。
 映画版は一本の映画として完結しなければならないから、二人の人生において限られた時間の邂逅、という刹那感に満ちていて(また瀬戸君と内海君を演じた二人が「学ラン姿、これで見納めですかね」という空気感を放っていたので)、面白いんだけど、だから余計にせつないんですよね〜。
 なので、ドラマ版の「なんとなく、今を生きてます」感は、映画版のせつなさを飛び越えてくれて、すごく身近な物語になった。 キャストのみなさんも等身大だったしね。

  セトウツミドラマ1.jpg 瀬戸君の赤いバッシューはお約束なのね。
 でも、まさか、内海君がそんな闇を抱えていたなんて!
 てっきり内海君は賢すぎるが故の孤独だと思っていたから(映画版では家族に何らかの問題あり?、くらいのやんわりとした示唆だった)。 でも原作通りみたいだからな・・・内海君の特別感が少し薄らいだ。
 だから二人は親友になれたんだな、と納得できる流れではある。 そしてこの二人ならば、高校を卒業してからもずっと友達なんじゃないかな、と期待できる気がする。 そうあってほしいなぁ。
 終わってしまったのはすごく残念だ・・・でもそれが、時間の不可逆性だから。

ラベル:ドラマ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | テレビ・テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする