2017年11月10日

今日は4冊。

 もう11月も3分の1が経過、ということに気づき愕然とするも、何もできない(何をしていいかわからない)今日此頃。
 まだ昼間が暑いので、いまいち秋(というか初冬?)を実感できないのが原因か。

  雪花の虎05.jpg 雪花の虎 5/東村アキコ
 景虎も22歳になりました。 川中島の戦いまであと数年・・・という時期の、上杉側・武田側それぞれの雌伏期。
 もしかして大河ドラマにするの狙い始めた?、というくらいの作者の気迫と本気度を感じました。

  後継者たち.jpg 後継者たち/ウィリアム・ゴールディング
 そういえばウィリアム・ゴールディングもノーベル文学賞作家だったなぁ、あんまり意識したことなかったけど。 それよりも「『蠅の王』の人」のイメージが強くて。
 本作は意外にも初文庫化だそうで。 ネアンデルタール人とホモサピエンスの遭遇、というすごい設定のインパクトが強すぎる。 戦いや闘争、葛藤といったものを描きたい人だったのかなぁ。 つきつめれば「人間とは何か」を。

  潜入モサドエージェント.jpg 潜入 モサド・エージェント/エフタ・ライチャー・アティル
 モサドと言えば悪名高きイスラエルの情報機関、というイメージがつい浮かんでしまうくらい、<敵>側の印象。 といってもあたしの情報機関に対するイメージは『エロイカより愛をこめて』が原型なので、「モサドといえば女スパイ」って感じ(ちなみにCIAのイメージは「ごり押しディック」)。
 で、本作はイスラエルの情報機関にいたという作者による、モサド側から見るもの。 ノンフィクションばりのディテールということなので、そのあたりで新しいイメージができるかな、と。

  消えたはずの、.jpg 消えたはずの、/エイミー・ジェントリー
 行方不明になった子供が年月を経て帰ってきた。 しかしこの子は本当に消えたあの子なのだろうか・・・、というシチュエーションはこれまでいろいろな作品に繰り返し使われてきた。 それでもまだそんな設定で勝負するということは、まったく新しい切り口ですか!、ということを期待。 図書館でもいいかなぁとは思ったんだけど、早川書房応援キャンペーン(?)中なので、ついでに。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする