2017年10月07日

10月のはじめは、8冊(その1)。

 早川書房の話が結果的に続いております。
 今月初めのハヤカワ文庫、新刊からまず4冊。

  日本SF傑作選2小松左京.jpg 日本SF傑作選 2 小松左京
 『神への長い道』『継ぐのは誰か?』がタイトルになっていますが、なんと『お召し』が入っている!
 当然『Away』からの影響かと思ったら、編者あとがきではそのことにまったく触れられず。 ちょっとがっかり。

  ダークマター文庫.jpg ダーク・マター/ブレイク・クラウチ
 <『パインズ』三部作>の作者、ブレイク・クラウチによる新作。 これもまた映画化決定らしいですが・・・。
 量子力学がどう関係しているのでしょうか。 気になる・・・。

  タイタンプロジェクト.jpg タイタン・プロジェクト/A・G・リトル
 墜落した飛行機がらみの話、というシチュエーションだけでちょっとドキドキ。 キングの『ランゴリアーズ』っぽいところも感じつつ、全然違う話になってる感じがしてそれも期待。

  ノクターナルアニマルズ文庫.jpg ノクターナル・アニマルズ/オースティン・ライト
 結構前に『ミステリ原稿』というタイトルで単行本が出たままだった作品が、映画化を機に映画と同じタイトルに改題し、文庫化(原題はまた違うんですよ)。
 こういう早業、早川書房得意です。
 しかし『ミステリ原稿』ではインパクトが薄いというか、残念ながら売れなそうなタイトル。 ほんとにタイトル付けは難しいなぁ。
 ちなみにこれ原作の映画はジェイク・ギレンホール&エイミー・アダムス共演ということですごく期待。 絶対観る!

 ちなみに・・・カズオ・イシグロ最新刊『忘れられた巨人』ですが、当初10月19日だった文庫版の発売日が10月13日に繰り上がりました。 しかも初刷25000部予定のところ、倍の5万部にするとか(他の作品も併せて、実質全部で22万5千部の増刷)。
 多分、こんな大量増刷をかけたのは初めてではないだろうか・・・帯も「ノーベル文学賞受賞」のに変えるというし。 ハヤカワが、というか、こうなると印刷所が心配だ。

ラベル:SF 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする