2017年09月21日

<銀河英雄伝説 Die Neue These>について

 新しい『銀河英雄伝説』アニメ化の情報が解禁になったようで。
 公開されたポスター、見ました。

  銀河英雄伝説新アニメP.jpg ・・・うーん、キャラデザイン変わることはわかっていたけれど。 ラインハルト、性格違う〜。 ヤン、なんか若くなってる〜。

 記事によれば、

 新アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』は、ファーストシーズン『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』が2018年4月よりテレビ放送が開始。セカンドシーズン『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』の2019年中のイベント上映も決定、キャスト陣として、ラインハルト役に宮野真守、キルヒアイス役に梅原裕一郎、ヤン・ウェンリー役に鈴村健一らが名を連ねる。

 とのこと。
 あー、なんとなく“ラインハルト:宮野真守”は予想の範囲内というか・・・最近の若手声優さんあまり知らないのですが、彼が一番人気という印象があるので。
 で、短い予告編のようなものを見ました。

  銀河英雄伝説新アニメP3.jpg 宇宙の戦闘シーンは素晴らしく美しくなっているが。

 ナレーションはきっと報道やドキュメンタリーっぽい硬い感じの語りっぽい人になるんじゃないかなぁ、と予測していたけど、そんな感じだった。
 キャストの声は名前の挙がっている3人のものしかなかったけれど、「あぁ、堀川りょうのラインハルトには高貴さと寂寥感が同居していたのだな」、「キルヒアイスの広中雅志さんの声には優しさだけではなく包容力があったのだな」、「・・・富山敬に代われる人なんて、いないな」ということを実感したのだった。
 あたしはもともと原作からこの物語に入ったので、アニメになっていると妹から聞いたとき、「ヤン・ウェンリーは富山敬か〜。 ちょっと微妙な感が無きにしも非ずだけど、他にこの人!、って浮かぶわけじゃないからなぁ」と大変失礼なことを考えた。 で、アニメをフルに観て、「ヤンだけじゃなくすべてのキャストがはまってる」と思うようになり、そのあと、原作を読むと頭の中でその方々の声で再生されるようになった。
 勿論、長くやれば役が役者を育てる、ということがある。 もともと実力ある人たちがそうやって取り組んだのだから、そりゃはまるよ。
 新キャストが同じようにはまるほど、テレビ放送の話数はそれなりに多いのだろうか・・・なんか12話とか24話って感じがしなくもないのだが。
 しかも続きがイベント上映ってどういうことよ。
 まぁ、まだまだ詳細はわからないので(そもそもテレビ放送もどこの局でやるのかも発表されてないみたいだし)、続報を待ちましょうか。

ラベル:SF
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする