2017年05月20日

ついに二台目kindle、購入!

 一台目のキンドルが容量いっぱいになってしまったため、二台目を買うことにしました。
 紙の書籍は本棚が埋まると置き場所に困るから、というのが電子書籍の利点という風に言われていた部分があった気がするけど、電子書籍だってメモリがいっぱいになったら本体を買い足さないといけないじゃないのよ・・・(ちなみにあたしが持っているのはkindle paperwhiteですが、クラウド上には無限に保存できることになっているんだけど、本体にダウンロードしちゃったら本体から書籍は削除できないのですよ。 USB経由で別のHDDに保存とかもできますけどね)。
 容量いっぱいになった敗因は、マンガや挿絵つきの復刻版を(セールで)買っちゃったからだ!
 なので二台目は容量4倍ながら値段は大して変わらない<kindle paperwhite:マンガモデル>にしました。

  キンドル2代目1.JPG 先代が黒なので、白にしてみた。
 キャンペーン情報付きモデルなのでちょっとお安い(画面下に「kindleストアでお気に入りの1冊を見つけよう」というのが出ている。 本を読むときには消えるので問題なし)。
 で、一台目に入りきらないやつやマンガを二台目にダウンロードしたら・・・一台目に入ってるやつが全部同期されているではないか!
 <ダウンロード済み>にすれば冊数は限られるが・・・あぁ、びっくりした。
 あ、そうそう、一台目を買ったときは(ちなみにkindle第2世代)、あたしの情報登録済みの状態で送られてきたんだけど、今回はそういう設定はまったくなし(まぁ、二台目だから自分でやれってことなのか、申込者設定がデフォルトならば誰かにプレゼントできないとか、注文多くていちいちやってられなくなったとか、まぁ理由があるのでしょうが)。

  キンドル2代目2.JPG カバーは悩んで、ふたつ買ってしまった。
 一台目を買ったころに比べればすごく種類増えてた〜。 しかも安い〜。
 最初に買ったカバーがよれてきたので、取り換えようかと。
 でも安いだけあって、片手でホールドできるベルトとか一切ついていない(そのかわり、カバーを開くと同時に立ちあがり、閉めると即座にスリープ機能になるけど)。 でも北欧デザイン風の樹木柄のやつ、マグネットの力が弱いのかちょっと浮く。 押さえのベルトを用意しなきゃダメじゃん。 まぁ、カバーも消耗品ということか。
 とりあえずしばらく、これで電子書籍は大丈夫でしょう。 なんたって32GBもあるんだから!
 と、安心して『月刊flowers 7月号』『ポーの一族』の新作前編が載った号)を早速購入しちまったぜ!
 こういう油断が、命取り。

ラベル:マンガ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする