2017年05月11日

今日は6冊。

 GW明けとともに、新刊もやってきました。

  アルスラーン07.jpg アルスラーン戦記 7/荒川弘
 7巻目ですが、ちょうど『王都奪還』あたり。 ある程度たまってから読もう、と思っているうちに、自分がどこまで読んだか忘れた・・・。
 今回、本棚に専用スペースをつくろうと思ったら、1巻が行方不明だ・・・どこいった、多分あのへんだとは思うんだけど。
 ふう、整理整頓って大事ですね(今更)。

  リプリーをまねた少年.jpg リプリーをまねた少年/パトリシア・ハイスミス
 <トム・リプリー・シリーズ>第4弾。 こういう本の存在があることは知っていたけど、手に取ったのは初めてかも。 新訳ばんざい!
 このシリーズは5作目まであり、作者の構想には6作目もあったようだが彼女の死去により執筆はされなかったとのこと。 でも基本一話完結だから、いいのかな。
 しかし、どんどん分厚くなるわ・・・。

  ガマ屋敷の殺人.jpg 蟇屋敷の殺人/甲賀三郎
 今頃甲賀三郎の本が新刊で出るのも驚きだけど、なによりもタイトル、「蟇(がま)」に反応してしまった。
 ガマガエルの屋敷ってこと!
 そして帯にはガマガエルのシルエットが刷られ、<人間大の蟇が蹲り、早すぎた埋葬が行われ、のっぺらぼうが跋扈する。>と書かれている! に、人間大のガマって・・・。 甲賀三郎って理論重視派のイメージがありましたが、こういう怪奇探偵小説も書くのね、と思ったら、「甲賀三郎の最高傑作」とも言われているらしい! まじですか!

  光の塔.jpg 光の塔/今日泊亜蘭
 今日泊亜蘭という名前は子供の頃から図書館で見知ってはいたのですが、なんとなく耽美系の方かなと思って進んで手に取ることはなく・・・、今回、帯に「解説 日下三蔵」の文字を見て「えっ、あの系統!」と知った。 <日本SF初の長編にして圧倒的な面白さを誇る傑作>とのこと。 なんかずっと損していた気分。

  機龍警察完全版.jpg 機龍警察【完全版】/月村了衛
 もともとの『機龍警察』は何年か前のハヤカワ年末年始電子書籍セールで買っていて・・・寝る前にkindleで読んだりしていたのですが、これがめっぽう面白くて。 初めて読む作家の人だし、設定からロボットアニメの影響を感じたりというのもあったので、試し読みのつもりで電子書籍を買ってみたのですよ(なにしろセールで半額以下だったというのもあり)。 なのに、「やばい、シリーズ全部読まないと」みたいな気持ちにさせられて。
 そこに【完全版】の文庫化のお知らせ。 第一作を徹底加筆した、とのことなので、ここからシリーズ揃えようか!、という気になりました。
 ちなみにシリーズ2作目も単行本で【完全版】が出ているので、それの文庫化を待ちたいと思います。

  約束ロバートクレイス.jpg 約束/ロバート・クレイス
 「犬好き感涙必至!」と言われた『容疑者』の続編。 実際、動物好きだけど飼っていないあたしも、『容疑者』のジャーマンシェパード、マギーのけなげさには胸打たれましたよ。 となれば当然手に取ってしまうわけで・・・でも分厚さが前作の1.5倍以上あるのでは!
 作者ロバート・クレイスには長く続いている別のシリーズ<私立探偵コール&パイク>というのがあるようで、今作はそれと<スコット&マギー>のクロスオーバーエピソードらしい。 だから長いのかも・・・。
 でもまたマギーに会えるのは、うれしい。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする