2017年04月19日

変わること、変わらないこと

 ようやく仕事も体調も落ち着いてきて、人と会うことが最近増えております。
 以前の仕事で親しくなった人とか・・・神戸に引っ越して来たときは誰ひとり知り合いがいなかったのに、今のあたしは結構な数・いろいろなタイプの友人がいることに改めて気がついてびっくり。 友だちになるポイントが学生までの頃とは変わってきている、ということもあるけれど、お互いバタバタしている時期があるからしばらく連絡とれない期間があっても、それはそれと受け入れられるからでしょうか。 だって仕事場を離れちゃったら、数カ月間隔で会えることのほうが稀だもんね。 一年に一度会うだけでも、十分うれしいし、ありがたいのです。
 そして改めて思うのは・・・会う人によって話す内容が違うよなぁ、ということ。
 同じようなことばかり話す相手とばかり付き合うことの方がおかしいわけで、当たり前なんだけど。 この人が相手だと深い話までできて止まらんなとか、年上の方からはいろいろ教えてもらえるな、とか、なんだかものすごく<休暇>みたいな気になる。
 新鮮で、懐かしくて、リフレッシュできて、おいしいもの食べて、楽しい。
 あぁ、こういう日がずっと続けばいい、と思うけど・・・外食費がかさむぜ!
 それぞれの都合もあってなかなか会う日が決まらない人も控えているし、GWも近づいてきたので休みだからこそ会える人もいる。
 あたしの<休暇>はもうちょっと続きそう。
 久し振りにお会いしたマダムに、「でも、全然変わってなくてうれしいわ〜」と言われたあたし。
 変わるほどもう成長しないトシだということもあるけれど・・・本質的な部分は大学生の時から変わっていないような気がする。 好奇心の赴くままに生きる的な部分とかは。
 働き続けてることで世間慣れしてきてる部分はあると思うけど・・・でも結局それは表面的なことなのよね。

  マザームーンカフェストロベリーNY.JPG ストロベリーNYチーズケーキ@マザームーンカフェ
 NYチーズケーキという割に、結構軽かった・・・下がタルト生地でなくスポンジなのもちょっと残念。 でもそう思わなければ、十分おいしゅうございました。 ネーミングのイメージって大事。

 大学時代の友人(現在、東北在住)とも、長電話しちゃった。
 学生時代の影響か、話し始めるとお互い時間を忘れてしまうのがおそろしい。 そんなに頻繁に電話をかけあっているわけではないから余計に。 なんたって学生の頃は、同じ建物に住んでいたから徹夜で喋り倒すとか普通だったし。 でもそんな彼女も今や二児の母である。 ぼやっとしているあたしとは全然立場が違うのだが・・・それでも変わらずに話せることがうれしい。
 そういうのって、なんだか家族っぽいよな、と思ったりして。 実際の家族とは違うけど、心の家族というか。
 結果的に心の家族が増えていくことで、あたしが生きていくことを許してもらえてる。 だからあたしは生きていられるのかもしれない。
 ほんと、歳を重ねるごとに、だいぶ図太くなりました。
 みなさんのおかげです。 本当にどうもありがとう。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする