2017年03月05日

ヒトラーの忘れもの/UNDER SANDET(LAND OF MINE)

 予告を観て・・・「やっぱり邦題に<ヒトラー>ってつけちゃうんだな」と思った。 実際にヒトラーは出てこない、本人も忘れ物をしたとも思っていないだろう。 ただ、そういう時代の話です、という説明のために引っ張ってこられたタイトルのような気がして。 多分原題は『砂の下に』(英題でも『地雷の土地』)って感じで、ヒトラーには触れていないのに。
 ちなみに、今年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品(デンマーク代表)。

  ヒトラーの忘れものP.jpg 大人が残した 理不尽な任務。
     少年たちが見つけるのは、憎しみか 明日への希望か――

 1945年、5月。 ナチス・ドイツが降伏し、占領されていたデンマークが主権を取り戻した。 連合軍の上陸を防ぐため、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた150万個とも見られる地雷の撤去作業を、捕虜のドイツ兵にさせることが決まる。 とはいっても残されたのはほとんどがティーンエイジャーな少年兵で、デンマーク軍は急ピッチで地雷撤去方法をレクチャーし、広範囲にわたる海岸にいくつものチームを送り込む。
 その中のひとつのチームの指導・監督を任されたデンマーク軍の軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は過去に相当な因縁があるのか、ドイツ兵に対して敵意むき出しである。 相手が子供であっても関係ない。 国の立て直しのためデンマークにも余裕がなく、少年兵たちは食うや食わずで地雷撤去作業に従事する・・・という話。
 現在の目から見たら地雷は旧式。 だから信管を外すのもコツをつかめば簡単・・・なように思えもするんだけど、旧式故に誤作動の可能性は高いし、なにより作業する本人たちにとっては失敗したら死ぬわけで、戦場での緊迫感とは違えども、死と隣り合わせの状況は似たり寄ったり。 もうちょっとあとならば国際法で禁じられたことだろうに、戦後のどさくさにまぎれていろいろなことが行われていたんだなぁ、とため息。

  ヒトラーの忘れもの4.jpg 軍曹、結構いい大人なのに彼らに対して厳しく当たる。
 でも合理的に考えて、神経も使う肉体労働をさせるのだから最低限の食事は与えないとダメでしょ。 非効率的だし、それでミス連発して結果的に人手が足りなくなったらどうする(捕虜の数は無限ではないし、人数を補充するとなれば地雷撤去講習もイチからやり直し)。 となると、「ドイツ軍が勝手に埋めていったものなんだから、その後始末もドイツ人にさせろ」という一種の私怨が入っているんだろうなぁ、デンマーク自体に。 人間の感情としては当然だけど・・・組織としてはそれではいかんだろ、と思うわけで。
 また少年兵たちも敗色濃厚になってきたドイツ側が急遽集めた、みたいな感じで、ナチスドイツがなにかとか理解していないのではないかというくらい。 一人、最年長(といっても18・9歳くらい)が軍人意識を持っているくらいで、他はもう言われるがまま。 望みはただひたすら、この作業を終えて早く故郷に帰ることだけ。

  ヒトラーの忘れもの1.jpg 地雷掘り、手作業。

 現代とは時代が違うとはいえ、彼らの大半はせいぜい15・6歳といったところ。
 だいぶ前に観た『亀も空を飛ぶ』という映画(イランだったか?)でも子供たちが地雷撤去作業をし、信管を外した地雷を国連に引き取らせて生活費を稼ぐ姿が描かれていたけれど、あっちとはまた種類の違う痛々しさがこっちにはある(時代は近いし本来そんな危険な作業を子供にさせることは論外で、間違ってはいるが彼らは自分の意志でその仕事をし、その先に希望を見据えている)。 しかしこの映画の彼らは命令されてやっているし、「ドイツ人だから」とはいえ大人のしりぬぐいである。 くすんだ軍服もまた、彼らの非力さを引き立たせているようで哀しい。
 それにしても、よくもこれだけ地雷を埋めたもんだな! ドイツ人の勤勉さがいらないところに使われた。

  ヒトラーの忘れもの5.jpg ひとつ間違うと・・・。

 はじめは「失敗したら自分は吹っ飛ぶ」という危機感を持っていても、作業が順調に進んでいくと油断が生まれてしまうもの。 まして若者は、基本的に楽観主義的である。 事故が起こるのはそう遠くはないと思ってはいたが・・・容赦なくその姿を描写することに、残酷だが事実からは逃げないという制作者側の意図を感じた。
 仲間の一人がそんな目に遭えば、逃げたいと思うのは当然。 それでも彼らは作業を続行する。 弱っているものをかばい、いさかいが起これば全員で仲裁する。 具体的に逃げる手段がないのもあるけれど、彼らは彼らなりに責任を果たそうとしている。 そうすれば胸を張って国に帰れると思っているかのように。 そして母国の再建のために働きたいと願っているのである。 痛々しいを通り越して、切なすぎて悲しすぎる。
 そんな彼らに対して、軍曹もいつまでも冷徹でいられるはずもなく・・・もともといい人なんだろうな、とも感じるが、上層部に「子供が来るとは聞いていなかった。 大人の捕虜と変えてくれ」と言ったり、悪夢にうなされる彼らに「これが終わったら帰れるから」と声をかけたり・・・。
 状況が落ち着けば、非情でい続けられる人のほうがむしろ少ない(いるのならそれはある意味サイコパス)。
 人間性、というものを信じたくなってしまいますね。

  ヒトラーの忘れもの3.jpg そうして、いつしか信頼関係が。

 でも、それも束の間であるのが哀しい。
 地雷が埋まっていることを知らなければ、どこまでも続くような白い砂浜と青い海という美しい風景。
 しかし少年たちは細い棒だけを頼りに命をすり減らし、自分だけでなく仲間のことを思う。
 「逃げたい、もうこんなことはしたくない」とじたばたするのは生きたいという強い願いがあるから。 けれど、戦場と同じくここでも生と死は紙一重、自分の意志とは関係なく死ぬときは死ぬ、と悟ってしまった者は・・・。 休憩時間や、作業が終わって宿舎(という名の掘っ立て小屋)に戻れば命の危険はないわけで、むしろお喋りも自由だし睡眠時間も規定通りとれて規則正しい生活だし、その落差が余計に彼らの心をむしばむのではないかと。
 「戦争をはじめるのは簡単、けれどそれを終わらせるのは難しい」とよく言われるが、終わらせた後の始末のほうがもっと厄介。 物理的な始末も、感情のもっていきどころも。
 冷静に<戦争>を処理できるほど人間は成熟していない。 だからその手段を用いてはいけないのだ。
 人間ドラマ的要素のツボをしっかり押さえつつ、つねに緊迫感が漂う演出は見事でした。
 この映画のマーチン・サントフリート監督は長編作品がこれで三本目だそう。 デンマーク映画界、やはり力があるなぁ。

ラベル:映画館 外国映画
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする