2017年02月14日

この仕事場におけるヴァレンタインズデイ作法

 なんだかバタバタしていて余裕がないが、2月14日は容赦なく迫ってきた。
 なんか今年はデパートの特設会場もちゃんと回れていない! 今シーズンの流行りも、新登場のブランドもチェックできず、あたし的には不完全燃焼・・・。
 そして問題になるのが仕事場の義理チョコである。
 以前の事務所ではそもそも人数が少なかったし、そもそも女性同士であればチョコの価値をわかっていたので選びがい・贈りがいがあった。
 しかし今の座席配置は・・・人が多いし、個人的にあげたくない人もいるし。
 というわけで、スーパーやドラッグストアで売っている、袋詰めお徳用パック(明治のベストスリーとか、チロルチョコバラエティーパックとか)を数種類買いこみ、コピー用紙が入っていた箱のふたに「ざっばー!」と流し込み、<TakeFree!!>と貼り紙をして置いてみました。
 ・・・これが、おじさま方に受けた(というか、あたしが今いるフロア、おじさまたちしかいない)。
 なるほど、こういう人たちに外国製高級ショコラは無駄!
 勿論、日本のチョコレート技術が高いこともありますが(日常に食べるおやつとしてのクオリティは世界一かも、と思います)、ヴァレンタインデーですらも日常の延長のチョコでいいんだ・・・ということにチョコ好き人間としては非常に残念な気持ちになるです。
 みなさん、奥様から本命チョコもらえるからいいってことかしら?
 でも、多くの男性の舌は保守的だというし・・・。
 それにしても、あげたくない人ほど食べているのはなんだかむかつくわ!
 来年も今の仕事場で働いているかわからないけど、もしそうだったらまたこの手でいこうっと。
 安上がりで、楽だ。
 別フロアにわかれた女性陣には、ちゃんとしたものを贈りました(そしてちゃんとしたものをもらいました)。
 そのへんはやっぱり、女性同士のほうが楽しい。 友チョコ市場を支えているのは味がわかる女性たちですよ!

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする