2017年01月18日

今日は5冊。

 寒くなってきておりますなぁ。
 夏は涼を求めて雪山遭難本など好んで読んでしまうのですが、実は時期関係なくそういうの読むのが好きです。

  ドキュメント単独行遭難.jpg ドキュメント 単独行遭難/羽根田治
 <ドキュメント ○○遭難>シリーズは結構読んでいたつもりでしたが、これは読んでいなかったので早速手に取る。 帯や裏表紙の説明によれば、「単独行での遭難死亡事故は2人以上のパーティーの2倍以上発生している」とのこと。 そりゃそうだよね、一人なら助けを求めることがまずできないし、そもそも遭難したことを知らせることも難しい。 でもそれがわかっていても、一人が好きな人は行っちゃうんだろうけど。

  東京タラレバ娘07.jpg 東京タラレバ娘 7/東村アキコ
 やはりドラマ放送に合わせて新刊を出してきたか。 やっぱり薄いぞ!(5巻までは4話収録だったのに、6・7巻は時期を合わせるためか3話収録になっている)。 それも戦略なんだろうけど、なんかずるいぞ!、という気が否めない。

  雪花の虎04.jpg 雪花の虎 4/東村アキコ
 タラレバもよいが、個人的にはこっちの方が楽しみだったりしている。 時代モノをこのペースで刊行してくるなんてすごいなぁ。 ていうか何本連載を抱えているのだ・・・そりゃ主婦の友だちが朝から手づくりパンを焼いて子供に食べさせているの図を見てかたまっちゃいますよね(これだけ仕事してたら自分にはそんな余裕はあるまい)。 

  謀略の都1.jpg謀略の都2.jpg 謀略の都<1919年三部作1>/ロバート・ゴダード
 ついにロバート・ゴダードまでも歴史物トリロジーを書くとは!
 しかもスパイもの路線っぽいんですけど! 結構意外な展開に、手に取って驚いてしまいました。 だってゴダードがジョン・ル・カレのような作品を書くとは思えない・・・きっと非情な世界を扱いながらも、どこか叙情的なんだろうな、ということを期待。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする