2016年12月07日

一触即発!

 先日のことですが・・・仕事からの帰宅のため乗った電車の車内で、掴み合い&怒鳴り合い、という光景を目撃。
 しかも胸倉掴んで怒鳴っているのは20代と思しき女性、掴まれているのはシニアな男性。 「なぜ人のことを突然殴るのか」&「殴っていいと思っているのか」的なことをミナミ方向の大阪弁で言っているのは伝わりますが、はっきりとどんな言い回しだったかは再現できません。
 シニア男性の奥様らしき方は上品な感じで平謝りなんだけど、20代女性の怒りはまったく収まらず。 シニア男性も反論しようとしてしまうので火に油を注ぐ。 車内のちょっと離れたところから「みっともないからやめんか」というどこかのおじさんの声(ヤジ?)も軽くスルー。
 いさかいはヒートアップするばかり。

 こういうとき、どうしたらいいんでしょうね〜。
 仲裁に入るべき? でも結構混んだ電車だったので近くまで移動がまず難しい。
 当事者に任せるべき? しばらく居心地悪い思いをすることになるけど。 更にヒートアップするようならさすがに近くの人が止めるか・・・。
 謝っているのは奥様ばかりなので、20代女性、「あんたはもういい、このジジイにあやまらさんかい!」と言ったところで、シニア男性が「おお、すまんかったな!」と明らかに言い方は挑戦的だったのだが一応非を認めた形になったので、決着。 それからすぐに電車が駅に止まり、人々の大移動が始まったので車内に渦巻いていた緊張感は一気に霧散した。
 で、「びっくりしましたね〜」と近くにいた人たちの話が断片的に聞こえてくるのを総合してみたところ、このような状況だったらしい。

 二人掛け座席に座っていた20代女性に、シニア男性が席を譲れ、もしくはちょっとずれてくれ的なことを話しかけたようなのだが、20代女性はイヤフォンで音楽を聴いており、それが聞こえなかった。 で、ずっと椅子に座っていたら態勢を変えたくなることってありますよね。 たまたまそのとき、20代女性が足を組みかえようとしたみたいで、それを見たシニア男性、蹴られる、と思い込んだらしくとっさに先制攻撃に出て20代女性の頭を殴った(というか、ぽかりとやった程度だとは思いますが)。 それに20代女性激昂、件の流れとなったようです。
 なんともタイミングが悪い・・・。
 まず、とっさに手が出る、ということはそのシニア男性はもともとそういう傾向にある人だ、というのが問題(奥様がうろたえることなくすごく冷静に対応していたのはさすが年の功ということもあると思いますが、普段から怒りっぽい夫のフォローをして慣れているという証拠かもしれず)。
 けど、突然意味不明に頭をはたかれたとはいえ、初対面の相手を面と向かって「ジジイ」呼ばわりする(しかも胸倉つかんじゃう)方もどうかと・・・。
 まぁ、「どっちもどっち」だからこういう展開になっちゃったんでしょうけど。 片方が冷静、もしくは普通に対応してたら車内全体が注目するほどのことは起きなかったはず。
 だから大阪はガラが悪いって言われちゃうんだよなぁ・・・とちょっと残念な気持ちに。

 それとも常に戦闘体制にいないと生きていけない地域が、今でもあるってことですか?
 神戸に来て10年以上になるけど、関西の謎はさっぱりわからないなぁ。 そこまで踏み込もうとしていないし、よそ者意識もあるからかもしれません。
 結構いろんなところ転々としてきたせいか、心底「ここが自分の地元!」と胸を張れる場所が実はないのですよね。 そんなことまで考えさせられてしまった。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする