2016年11月09日

「あ、アメリカ終わった」、と思った。

 アメリカ大統領選挙のことである。
 共和党の大統領選代表者指名争いのときから、「ドナルド・トランプは何故いるのか?」と不思議に思っていたあたし。 彼に政治経験はないはずだし、人気なのかどうかいまいちよくわからないが、リアリティーショー『アプレンティス』での傲慢で財力&権力をかさにきた彼の態度を見ていれば、好感を持つ人は少ないだろうと思っていただけに、話題づくりで出る東京都知事選みたいなものかと思っていたのだ。
 ところが、いつのまにやら共和党の代表になってたし!
 比較的貧困層の白人(いわゆるpoor Whiteと呼ばれる方々)が結構熱心にトランプを支持しているインタビューなんか見ちゃったりして、「おいおいおい、今は彼が何を言っているか知らないが、あなたたちから搾取してきたのはトランプのような人たちじゃないの?」とつい聞きたくなったりして。
 日本での報道では「ヒラリー・クリントン優勢」情報しかなかったけど(それはそうあってほしいという願望だったのか?)、マイケル・ムーアは「(好ましくはないが)トランプが勝つだろう」と言っていたし、どっちにしろ「オバマ大統領待望論」で盛り上がっていたあの時期とは選挙に対する熱量が違っていたのは明らかで。
 でも改めて結果を知らされると、「アメリカ、終わったな」と思ってしまったのは否めない。
 それだけ、アメリカもいろんなことが停滞しているのだろう。
 日本だってかつて「とりあえず一回やらせてみますか」という空気で政権交代させちゃった過去があるから他の国のことをとやかく言える資格はないのであるが。
 実業家としての実績はあれど、政治家としてはまったくの素人であるドナルド・トランプがどこまでやれるのかはまったくの未知数であり、アメリカ大統領に与えられている権限は確かに大きいけれど州によって法律が違う壁や、結局議会を味方につけないとどうにもならない民主主義である以上、彼のワンマン性はマイナスに働きこそすれプラス方向には働かないかも。
 「あ、アメリカ、終わった」というのは、「衆愚政治ここに極まれり」という印象によるものであって、実際この先がどうなるのかはわからないんだよね。
 でももしあたしがアメリカ人だったら、「今の大統領はドナルド・トランプ」って言うのは結構恥ずかしい。 そして実際半分くらいのアメリカ人も、そう思っているということなのか。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする