2016年10月26日

OH MY MY/ONEREPUBLIC

 最近あまり時間がないので、アウトルックに入ってくる広告的メールを無視しがちである(自分で「配信OK」にしているのに・・・)。 向こうもそれをわかっているのか、件名に主な内容を書いてくる。 それだけ見て更にスルー、と悪循環に陥っているような気がするが。
 が、先日ふとその長い件名に、“ONEREPUBLIC”という文字を見たような気がしたのだった。 あわててメールを開いて、彼らのニューアルバムが出たことを知る。
 そういえばしばらくCDも買っていないな・・・と思いつつ(だって整理ができていないから)、タワレコにオーダー(そしてマイケル・ブーブレの新作も出ることを知ったので、予約)。
 家のポストに投函のはずが、以前も同様の注文でポストに入っていたのだが、配達員さんの美意識の問題か不在票が入っており、引き取るのが遅くなりました(その数日後、届いたマイケル・ブーブレは普通にポストに入っていた。 なんなんだろう、この違い)。

  onerepublic ohmymy.jpg 本国ではフロントマンであるライアン・テダーのソングライティング・プロデューサー力の方が有名なようですが、あたしは普通にバンドとしての彼らが好きです。

 一聴して、「え、これがONEREPUBLIC?」という印象。
 端正なポップソング、というのがあたしのONEREPUBLICへのイメージで、好きになった入口もそこだったから。 なんかワイルド路線になってないか・・・という危惧が走る。
 でも繰り返し聴いてみたら・・・「あぁ、やっぱりONEREPUBLICだなぁ」と思えてきました。
 ピーター・ガブリエルとコラボしたり、ラップ・ヒップホップに踏み込んでみたりと実験するのも、彼らの先進性のあらわれ。
 よく考えれば前作のタイトルは“NATIVE”であり、どこか土着的なたいこサウンドを響かせていたではないか。 その延長上にありつつ、新たな方向に進んでいると考えるに違和感はない。 端正さは多少失ったかもしれないが、根底に流れるポップスへの愛と信頼はそのまま、と思える。
 好きなバンドがどんどん活動休止になったり輸入盤しかないから情報が入るのが遅い、といった状況になっている現在、再び日本盤が出るようになったONEREPUBLICは貴重な存在。 今後も活躍を期待したい。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする