2016年08月28日

北京から来た男/ヘニング・マンケル

 ヘニング・マンケル=ヴァランダー警部シリーズ、のイメージがどうしても強いので(『タンゴステップ』も当時ノンシリーズ扱いだったが世界観は共有していた)、ヴァランダーが出てこないのは寂しい。 しかし彼の著作数から考えればヴァランダー警部シリーズはその一部でしかなく、シリーズの邦訳も残りが少なくなっている現在、今後邦訳が待たれるヘニング・マンケル作品はほぼ単独作になるだろうし、そのことにあたし自身も慣れなければいけないんだな、というのがこの本を開き始めたときの覚悟だった。 10月に、多分遺作なのであろうエッセイ集『流砂』が出るそうなので、それを読んだらまた気持ちが変わるかもしれないけれど。

  北京から来た男文庫1.jpg北京から来た男文庫2.jpg 読み進めていくと、下巻の表紙の意味がわかる。

 スウェーデンの谷間のある小さな村は、ほぼ住人が老人ばかりという過疎の村。 が、ある寒い日の早朝、ほぼ全員の村人たちが惨殺されているのが発見される。 被害者の中に、自分の母親の養父母の名前を見つけたヘルシングボリの女性裁判官ビルギッタは、現場に向かうことに。 何故彼らは殺されなければならなかったのか。 遺品の日記を手掛かりに、ビルギッタは警察に情報提供しながらもいつしか事件を追いかける・・・という話。 冒頭のエピソードだけならほとんど『八つ墓村』のようですが、似ているのはそこだけ。
 ビルギッタは裁判官だけど刑事ではないので(個性強そうな警察官も出てきますが)、ジャンルとしては警察小説ではないし、犯人を捕まえる使命感も弱い。 なので広義のミステリではあるものの、これを“推理小説”とは呼びにくい。
 むしろ、これは歴史上で移民が果たした役割と、ビルギッタという主人公に託した「かつて共産主義にかぶれた若者だった人々のその後の人生」とをオーバーラップさせて描いた一種の大河物語だから。 でもあたしは「へー、スウェーデンでも毛沢東主義に傾倒して革命を夢見た人たちがいたんだ」と驚き、日本の学園紛争時にいた「世界同時革命を実現させようとしていた人たち」の考えがまったくの絵空事ではなかったのだ、ということに(実現可能だったか、というのは別にして)、ぞっとする思いがした。
 ビルギッタやかつての仲間はまだちょっと毛沢東を美化している感があるけど、距離があるからこんなものなのかな。 日本のほうが中国との距離が近いから、いろんな話題が入ってきてしまう。 しかし彼女たちがかつて夢見た“中華人民共和国幻想”は、日本人も騙された“北朝鮮幻想”とどこが違うのだろうか。 いつの時代も結局、情報をコントロールしたものが優位に事を運ぶことになるのだ。
 タイムラグがあるものの(作中での現在は北京オリンピック開催の2年前)、リアル中国の結構近い姿を書いてあるような気がして・・・さすが取材を怠らないヘニング・マンケル。
 むしろ、あまり中国に興味のない北欧の人々に向けて現状を知ってもらおうと書いたのではないだろうか、という気がする。 あくまでテーマはそこなので、事件や犯人の重要性は途中でどこかにいってしまってもかまわない、と思ったのでは。
 それでも上下巻一気読みですから。

posted by かしこん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする