2016年08月01日

今回は12冊(その3)。

 えーっと、残り4冊ですね。

  その先は想像しろ.jpg その先は想像しろ/エルヴェ・コメール
 北欧ミステリブームの次はフレンチミステリ、と各社総力をあげている気配濃厚。
 ただ同じミステリでもジャンルというか方向性が違うから、北欧ミステリが好きな人はすんなりフレンチミステリに乗っかるとは思えない。 だってフランス、ちょっとヘンだもん!
 どうヘンかはこの表紙からイメージしてください。

  約束の海.jpg 約束の海/山崎豊子
 未完であるとわかった上で読むのはどうなのかな、という気もしなくもなかったのだけれど、現在WOWOWにて放送中の『沈まぬ太陽』をがっちり観ておりまして、基本的に原作に忠実なので読んだの15年くらい前なんだけど、観ていると思い出してきて(でも今手元に『沈まぬ太陽』はない)。 そんなわけで、そんなストレス解消の意味も含めまして購入。 でも続きがきっと気になって、それが新たなストレスになるんだろうけど。

  銃とチョコレート文庫.jpg 銃とチョコレート/乙一
 これは文庫になるのを一体何年待ったことでしょう。
 待ったかいがあった作品であることを祈りたい。 でもぱらぱらめくって目に飛び込んでくる登場人物の名前だけでついニヤニヤしてしまうのですよ。
 怪盗ゴディバ、名探偵ロイズ、少年リンツ、などなど。
 世界中の様々なチョコブランド大集合!

  ランド03.jpg ランド 3/山下和美
 なんとなく枠組みが見えてきた3巻目。 「ランドは企業です」の一言にがーん、と頭を殴られたようなショックを受ける。 資本主義とは、つまりそういうことなんですね。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする