2016年06月04日

孤独のススメ/Matterhorn

 オランダ映画もわりと珍しいのでは・・・そう思ってシネ・リーブル神戸。
 北欧デザインというブランド力に押され気味ではあるものの、実は隠れたデザイン大国オランダ。 このポスターにもなんとなくそれを感じたのも原因のひとつ。
 しかし原題は『マッターホルン』(あの山?)なのに、何故邦題は『孤独のススメ』
 決して孤独を勧めている内容ではないので・・・それとも逆説的に? やはり邦題をつけるのは難しいですな。

  孤独のススメP.jpg すべてを失くした男が何も持たない男から学んだ幸せとは――?

 オランダのある田舎町。 愛する妻に先立たれ、一人で静かに暮らす初老の男フレッド(トン・カス)は毎週日曜日の礼拝以外は周囲との付き合いも避けるようにして、ひっそりとかつ規則正しい毎日を送っていた。
 が、ある日、突然言葉も過去も持たない男テオ(ルネ・ファント・ホフ)が出現、いつの間にかフレッドの家に居ついてしまう。 やむなく始まった共同生活だったが、“他人と暮らす”ことの奇妙さがフレッドのルールを飛び越え、不可思議な友情のような、家族のような感情を芽生えさせ、フレッドにとっての日常が変わっていく。
 しかし厳格なカトリックである近隣住民からは厳しく冷たい目で見られ、偏見の目や嫌がらせに遭うことに・・・という話。

  孤独のススメ3.jpg それまでのフレッドの生活は、すべて定位置、時計の指す時間通りに行われていた。

 基本的に台詞が少ない。 なので説明台詞がもっと少ない。
 普通、会話も成立しないでよくわからない態度をとる男が現れたら、病院から出てきてしまったんじゃないか、誰か探している人がいるんじゃないかと思いそうなものだが、何故かそのままにして受け入れてしまうという不思議。 フレッドは他者との交流を避けるが故にそういう発想が出てこないのか? でもこの映画の世界観的にはそれでオッケーにだんだん思えてくるから面白い。
 劇的なことは起こらず(いや、実は起こっているのだが描写があまりに淡々としていてそう感じさせない)、退屈っぽく見せているんだけど全然退屈じゃない。 ちょっと真面目とちょっとおかしいの境目を絶妙なバランスで行き来する、なんとも不思議なタッチです。

  孤独のススメ2.jpg 人間といるよりヤギやヒツジなどと一緒にいる方が穏やかそうなテオ(だからか、ヒツジの声真似絶品)。

 で、路線バスがすごくレトロ風デザインでお洒落!(機能的にはノンステップバスだし最先端なのだろうが、見た目がほんとにレトロ)。 フレッドが持つそのでっかいカバンは何?、と思えば買い物用バッグだったり(日本で言うところのエコバッグよりもかなり大きく丈夫そうな仕上がり、かつプリント柄)。 スーパーの棚にはダノン製品や輸入食材のお店で見たことのあるオランダ製のお菓子の箱などがならんでいて、個人的に「おおっ!」となる。 電車で大きな町に出れば駅舎もお洒落だし、街のショーウィンドウや看板などもなかなかハイセンス。 そしてまたバスで田園風景に戻り、レンガ造りの家に住む。 風車やチューリップは出てこないけど、多分すごくオランダ的なんだろうなぁ、とにやり。
 本来、フレッドも一人でいたいわけではなくて、妻を失った痛手から立ち直れていないんだけどそれをどうしていいかわからない不器用な男性、というだけ(その割に、ある点でフレッドをちゃっかり利用しちゃうあたり、ただ純朴ではないしたたかさも感じさせるが)。 だから適度に合槌を打つ・リアクションするテオの存在があるからいつの間にかすごくお喋りになってきて、そのことが彼に行動しようという意欲と変化を与えるんだなぁ。
 全体的に静かに進んできたけれど、ラスト15分ぐらいで一気に盛り上がる(それまでに散りばめられていた伏線が一気に回収される)。
 フレッドの過去や悔恨も含めて<現在>がそこにあるという開放感たるや!
 そこに流れる“This Is My Life”にもうっかりと心打たれて、ちょっと泣いてしまった。
 これまでの全てはこのシーンのためだったのね、と納得。
 思いもかけぬ満足感で、席を立ちました。

ラベル:外国映画 映画館
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする