2015年12月05日

25/ADELE

 CDもしばらく遠ざかってしまうとまったく買わなくなってしまうのだが(普段の習慣から“音楽を聴く”という行為がなくなるわけではないのだが、時間が結果的に減ってくる)、先日の“COOL UNCLE”以来、またちょこちょこ見るようになった。
 そしたらば、アデルがニューアルバムを出すと!
 そりゃ、聴きますよね。
 あたしはボーナストラック3曲つきの日本盤を購入。

  アデル25.jpg やはりというかさすがにというか、“Skyfall”は収録されていません。

 一聴して・・・「なんか今回、キラーチューンがない感じ?」と思う。
 それだけ、彼女のヴォーカル力を重視したつくりというか、ストイックなまでに<歌>を届ける、というコンセプトなのかと。
 しかし繰り返し聴いているうちに、じわじわと<曲の力>も浸透してくる。
 一曲目“HELLO”がアルバムからのファーストシングルのようですが、最初地味かと思ったのに、今では確かにこのアルバムの代表曲のように感じますよ。
 前作『21』のジャンルミックスの綺羅星のごとき名曲揃い、そして“Skyfall”と頂点を極めたあと、と思うと若干の物足りなさのようなものがないわけではないのですが、あえてスタンダードに立ち戻ったのではないかと。 あたし自身がソウルやR&B系が好きなのでそっち寄りの曲が多かった『21』が好きなのは当たり前なのですが、それでも歌のうまさはジャンルを超えてしまうな、と脱帽するしかないわけで。
 特に8曲目〜10曲目、“LOVE IN THE DARK”“MILLION YEARS AGO”“ALLI ASK”とテンポの違うバラードのなだれ込みには胸熱です。

 とりあえず、“HELLO”を聴いてみてください。
 そのパワーに、圧倒されますよ。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする