2015年06月08日

第69回トニー賞授賞式

 トニー賞といえばブロードウェイで公演された舞台演劇に贈られる賞、ということは演劇好きにとっては日本でも常識であるが、まぁ、アカデミー賞ほどの知名度がないのは事実。 しかしそれを去年からWOWOWが生中継を開始したことで、演劇ファン人口が増えたということか? ブロードウェイミュージカルなどを日本に輸入してこようという下地か?、などといろいろ勘繰っておりましたが、まぁ容易くニューヨークに行って観劇できる人はいいですが、そうではないあたしのような人間にとって<本場の最前線>の情報に触れられるのはとても貴重。
 おまけに今年は渡辺謙がノミネートされているので、あまり興味のない人にもアピールできる絶好のチャンス!
 というわけで、這いずりながら起き(8時には間に合わなかったのでレッドカーペットの模様はほとんど見られなかったが)、授賞式を全部見た。
 昨年のヒュー・ジャックマン司会の演出に比べると、今年はなんだか雰囲気が緩め(司会がトニー賞常連のアラン・カミング&クリスティン・チェノウェスだったからであろうか)。 全体的にアットホームな雰囲気でありました。
 つくづく思うのは・・・ミュージカルってアメリカのものなんだなぁ、ということ。 国民性にあった娯楽、とでもいいましょうか。 だからストレートプレイ(普通の台詞中心の演劇)はイギリス勢のほうが強いし、名作が多い気がする。
 まぁ、ステージでワンシーンを披露しろ、となればミュージカルのほうが絵になるし、華があるから、授賞式もミュージカル部門が花形といった趣だし。

  王様と私舞台.jpg そんなわけで、『王様と私』から“Shall we dance?”が披露された。
 ユル・ブリナー版の映画はテレビのロードショーで見たことありますが・・・謙さんの王様はそれよりももっと軽やかで、威厳もしっかりあるけどユーモアもある、という印象。 まったく新しい『王様と私』をつくり上げたことがプロデューサー・演出家含めてトータルで評価された理由でしょうか。
 ミュージカルはあまり得意ではないあたしですが、今回、いろいろと賞を獲った『ファン・ホーム』は観てみたいかも。 いかにもミュージカル、という演出ではなくて、半分くらいストレートプレイ、登場人物たちが心情を託すのが歌、という感じなので(おまけに12歳子役少女の歌が胸に刺さった)、これはあたしも楽しめそうです。
 授賞理由として「まったく新しいミュージカルのスタイルで」みたいなことを言われていたので、やはりアメリカではこういうパターンのミュージカルは珍しいのでしょう(日本で言うところの『オケピ!』方式ですね)。
 授賞式のクロージングでは『ジャージー・ボーイズ』のエンディングをみんなで歌う、という楽しさ。 やはりちょっと知っているだけで、楽しめる要素は沢山。
 そういえば最近映画であまり見てないなぁ、と思ったピーター・ギャラガーがいたり、あぁ、この人よく見るんだけど名前知らないなぁ、という人がいっぱいいたり、活動の基盤をどちらに置くかの違いだけなんですよね(まぁそれは日本でもそうなんですけど、アメリカの場合は規模が違うから)。
 しかしブロードウェイ、基本は一週間で8公演。 評判がよければいつまでもロングランされてしまいます・・・謙さんが映画に戻ってこられるのはいつなのか?!

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする