2015年04月21日

高校生の甥に何の本を送るか悩み中 その2

 まだ悩んでおりました、この話。
 東野圭吾や宮部みゆきなんかは自分で読めるだろうし、なかなか手を伸ばしにくい作品をセレクトするのが大人の役目。
 とりあえず、『ケインとアベル』/ジェフリー・アーチャーは確定。
 同様に、『七王国の玉座』/ジョージ・R・R・マーティンも確定。
 それぞれ気に入ったら、『七王国の玉座』<氷と炎の歌>として続きがあるし、ジェフリー・アーチャーなら<クリフトン年代記>もあるし、あえて『100万ドルを取り返せ!』から遡って読んでもらってもよいであろう、という感じ。
 あと、読んでほしい作家としては、クリストファー・プリーストかな。
 個人的には『双生児』のラストの鮮やかさに度肝抜かれましたが、残念ながら文庫になっていない・・・(早く文庫にしてください、早川書房)。 『魔法』にも「はい?」と世界をひっくり返される体験をしたけど・・・高校生が読む入口としては『奇術師』がいいかしら。

  プリースト奇術師.jpeg 内容は決して簡単ではないのですが(メタフィクション入ってるし)、マジシャン二人のライバル関係という基本設定はとっつきやすいかと思って。 語りと騙りに幻惑される面白さもあるし。
 クリストファー・ノーランが『プレステージ』として映画化しておりますが、原作をかなり噛み砕いて、メタ部分も減らして「でもテーマを外さないように、かなりわかりやすく作り変えたなぁ」とあたしは感心しましたが、それでも「難解」と言われておるようです。
 そうすると、マジックつながりで思い出したのが『歯と爪』

  歯と爪新版.jpeg かなり後半袋とじで、「破らなければ返品に応じます」対象本となっております。
 ビル・S・バリンジャー作品自体もうミステリ的には<古典>なのでありますが、そのドラマ性は今読んでも色褪せることなく、マジシャンという人物像を『奇術師』と比較できるのではないかと思って。
 あとは彼の哲学趣味に満足してもらうために、『ソラリス』【新訳版】。 これなら出たばっかりだから読んでないだろう(希望的観測)。

  ソラリス文庫新版.jpeg 買ったはいいが、あたしもまだ読んでないもんね(おい)。
 『ソラリスの陽のもとに』とセットで読み比べてもらう線も考えたが、そっちはもう読んでいるかもしれないから〜。
 あと、『死者の代弁者』【新訳版】/オースン・スコット・カードも自分でパラ読みしていたらやはり面白いと思ったもんで、『エンダーのゲーム』とセットで。
 あー、『闇の左手』/アーシュラ・K・ル=グィンを忘れていたぞ! でも入口としてなら『風の十二方位』のほうがいいかなぁ。
 と、悩みは尽きないのであった・・・。
 とりあえず、第一陣はこれで送る手配をしました!
 あとは評判を聞いて、次回は夏休みかな・・・。
 今回はSF・ファンタジー&歴史人間ドラマに寄ってしまったので、次回はミステリ中心で!

posted by かしこん at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする