2015年04月11日

今日は4冊。



 気がついたら4月も2週目が終わろうとしている。



 あぁ、なんかやばいなぁ。 時間がどんどんたっていく。 本もなかなか読み進まない。



   犯罪/フェルディナンド・フォン・シーラッハ



 文庫版、出ました。 しかも著者の序文がついた完全版。 表紙はしめくくりの一文



「それはリンゴではない」を見事に表現したものになってます。



   死者の代弁者【新訳版】

                /オースン・スコット・カード




 『エンダーのゲーム』【新訳版】と対になる形での新訳版刊行か。



 でもシリーズとしての流れを考えたら、『ゼノサイド』『エンダーの子どもたち』



重版していただきたいし、でもこっちの続編は壮大な流れになっているので、『エンダーの



ゲーム』
から時間的に誤差の少ない続き・姉妹編である『エンダーズ・シャドウ』以降



(そっちにはエンダーは出てこないけど、ビーンをはじめとするエンダーの部下たちが



地球に戻ってからの物語が展開されている)も重版・続きを翻訳してほしいんですけど!



   ソラリス【新訳版】/スタニスワフ・レム



 長らく『ソラリスの陽のもとに』のタイトルで親しまれていた作品が、著者の第一言語で



あるポーランド語から直接翻訳(しかも、ソ連版からカットされていた部分も含めての完全



翻訳)というありがたさ。 訳者は日本のレム研究の第一人者、ということで更に期待は



高まる。 ぱらぱらめくってみましたが・・・読んだのがかなり前(高校生?)ということもあり、



自分の記憶の曖昧さとか、違和感を覚えつつ観たソダーバーグ版映画『ソラリス』



記憶も混ざっているせいか、なんかだいぶ違う感じが・・・。



 あ、今回買ったの、とりあえず過去に全部読んだことのある本ばかりだった。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする