2015年03月29日

高校生の甥に何の本を送るか悩み中 その1

 長いこと会ってない甥っ子くんがいつの間にやら高校生になっており、そしてなにやら乱読派の人間になっていることを半年前ぐらいに知る。
 直接本人と話してはいないので、親族からの噂話としてではあるが、どうやら哲学書などにも手を出している様子。 ・・・なんだか、かつての自分を見る思いである。
 となると、本はいくらあっても足りないよなぁ。 そして集中力も体力もある今のうちに、大作をたくさん読んでほしいところ。
 そんなわけで、今年の正月明け、お年玉がわりにこれを送りつけてみた。

  新装版虚無への供物1.jpg新装版虚無への供物2.jpg 【新装版】虚無への供物/中井英夫
 東京創元社の<中井英夫全集>からと悩んだのですが、講談社文庫のこれが、いちばん新しく出たものだから(それでも5年くらい前だろうか?)、本多正一氏の解説的なものも最新のもののはず。 それに(昔のに比べれば)活字が大きくて、やはり新しい本は読みやすいよね。
 『虚無への供物』自体、あたし自身に多大な影響を与えている作品であるし、これを「面白い」と感じる人が一人でも増えたらうれしいし、彼もそういう人だったらいいな、という気持ちだったのだが・・・どうやら、受け取った彼は大変よろこんでくれたらしい! やった!
 そうなると、問題は「次に何を送るか」である。
 そろそろ4月だし、進級祝いとして何か送ってもよいであろう。
 しかし何にするかで、悩む。 そもそもいちばんの問題は、彼が何を読んでいるのかよくわからないというところにあるのだが、「中井英夫という存在は知っていたが読んだことはなかった」ということらしいので、むしろ世代の違いを有効に考えた方がいいのでは、と思ってきた。 かつてのあたしが「いろいろなところに名前は出てくるけど、実際にその本が売られているのを見たことがない」状態にずっといて、最近の新訳ブームで初めて手にとった、というのと状況は似ているかもしれない。
 あたしがリアルタイムに読んだ作品群との彼との距離は。
 そして、できるだけ長編を、と考えると・・・結構候補が浮かんできました(相手は男子なので、明らかに女子向けなものは外しています)。

『アルジャーノンに花束を』/ダニエル・キイス
  アルジャーノン文庫新版.jpeg さすがにこれは有名すぎるであろうか。
 読んでる可能性が高いかな・・・、ということで、その場合は
 『くらやみの速さはどれくらい』/エリザベス・ムーンと差し替えてもいいかもしれない、と思っている。

 あと、来月、新訳が出るので、『エンダーのゲーム』とその続編『死者の代弁者』(どちらもオースン・スコット・カード)をセットで、という手もあるなぁ(その場合は『無伴奏ソナタ』もつけるべきか)。
 『七王国の玉座』/ジョージ・R・R・マーティンも魅力的である。 ドラマ化されて話題になっているということもあるが、いささか魔道が入ってくるけど異世界歴史物として読めるし(しかしこの情け容赦のなさはトラウマになるかも)。
 哲学要素も楽しみたいならアシモフ『鋼鉄都市』『はだかの太陽』もよいかも。
 わぁ、SFとファンタジーに限ってもきりがないくらいいっぱい出てくるよぉ!
 と、ちょっとそこから離れて・・・中高生の頃にあたしが衝撃を受けた作品を、と思い出してみると、真っ先に浮かんだのが『ケインとアベル』/ジェフリー・アーチャー
 アーチャー作品、結構読んでおりますが、完成度の面ではこれがいちばんではないか、と思います。 キリスト者じゃないんでほんとの深いところまで理解できてないんでしょうけど、それでも。 あと、『白夜を旅する人々』/三浦哲郎の壮絶な内容なのに半端ないリーダビリティはすさまじい(これを一日半ぐらいで読み切ったかつてのあたし、我ながらすごい集中力と体力があったなぁ)。
 インパクト、という意味では『悪童日記』三部作だっていいじゃないですか。
 そんなふうに考えていくと、あたし自身もどんどん迷走してしまい、だんだんわけがわからなくなってきて、「あれ、他にもなんか思いつかなかったっけ?!」(ちゃんとメモをとりましょう)、と動揺する。
 あ、ミステリまで行けてないし・・・この悩み、まだまだ続きます。

posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする