2015年02月23日

第87回アカデミー賞授賞式



 体調不良を引きずったまま、午前9時スタートのWOWOW生中継番組スタートに



間に合わず。 どうせ録画してるし、どうせ最初はレッドカーペットインタビューとアメリカで



放送している受賞式直前スペシャル番組をやるから、実際の授賞式スタートにはまだ間が



ある、と油断したのが運のつき。 ほんとにギリギリで、衛星生中継を見はじめる。



 今年の司会であるニール・パトリック・ハリスはミュージカルの人でもあるから、以前、



ヒュー・ジャックマンが司会したときのようにオープニングはミュージカル調になるのでは



ないかと思っていたが、その通りというか、それ以上にファンタジックでとてもよかった。



 あたしが生中継で見たいと思うのは、やはりリアルタイムで結果を知りたいのと、同時



通訳の人たちの苦労と努力を感じたい、というのもある。 だから本国でCM中に日本の



スタジオで時間つなぎをしている間の部分もキライではないというか、解説の方(近年は



町山さんだが)からの豆知識を聞くのが楽しいし、ジョン・カビラの確実な情報に裏打ち



された安定した語り口には安心できる。 ただ・・・、他に誰がゲストに来るかによって



面白かったり台無しになったりするから困る・・・今年は台無しな方だったかも。



 レッドカーペットインタビューは尾崎英二郎さんに斎藤工というがんばった布陣だった



のに!(尾崎さんは俳優が本職なのにインタビューアーとしての才能が素晴らしいよ!)



 もう、スタジオはジョン・カビラと町山さんだけでいいから!





助演男優賞 J・K・シモンズ (『セッション』)



 大本命。 これは予告しか見ていないのですが、鬼教官ははまり役。



 ドラマ『クローザー』などキャリアの長い実力派でもなかなか映画ではいい役に恵まれ



ない、ということもあるのですね。 会場での彼へのスタンディングオベーションに、俳優と



して・人としてとてもリスペクトされている空気を感じてとてもうれしくなった。



 『セッション』自体5部門ノミネート中3部門オスカー獲得ということで、とっても早く観たい



映画だ。



助演女優賞 パトリシア・アークエット (『6才のボクが、大人になるまで。』)



 イーサン・ホークもよかったのだが、この映画で俳優が賞をとるとしたら彼女しかなかった



だろうし、他の助演女優候補の作品を観ていないのであたしとしても評価はできないのだが



・・・まぁこちらも順当な結果であるらしい。 これが作品賞最有力というところもあって、



ゲストに是枝監督を呼んだのであろうが、どうも彼は12年かけて1本の映画をつくったと



誤解しているような言動が・・・リチャード・リンクレーター、その間に他の映画もつくって



ますから!



主演男優賞 エディ・レッドメイン (『博士と彼女のセオリー』)



 マイケル・キートン優勢、の下馬評を一ヶ月くらいでひっくり返し、結局彼が受賞したけど



・・・実在の人物・病気ネタ、というのが評価されやすいという傾向が近年のアカデミー賞、



ますます強まった感。 もしくは、オリジナルの物語をつくる力が弱まっているということ



でしょうか。 あまり若いうちにオスカーをもらうと今後の仕事に差し支える、というジンクスも



あるけれど、彼は舞台中心の人だし、イギリス人だし、若く見えるけどもう30代だし、大丈夫



じゃないかなぁ。



主演女優賞 ジュリアン・ムーア (『アリスのままで』)



 満を持しての初受賞。 今回はロザムンド・パイクを応援していたあたしですが、やはり



ジュリアン・ムーア大好きなので、彼女がとってくれればそれはそれでうれしい。 「えっ、



あの人まだオスカーとってないんだっけ?!」と言われるくらいの人が、実はいろんな



仕事ができるような気もするし。 でも彼女には、今後も賞を狙える仕事をどんどんして



ほしい。



脚本賞 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

脚色賞 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

編集賞 『セッション』



 脚本賞は『グランド・ブダペスト・ホテル』かと思ってた・・・(美術賞などはとっている)。



 このへんから作品賞がさっぱりわからなくなった。



 『6才のボクが、大人になるまで。』の勢いは?



監督賞 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ (『バードマン』)



 まじすか! ここはリンクレーターにあげて、作品賞は『バードマン』で痛み分け、



みたいになるかと思ったのに(いや、あたしはイニャリトゥ監督も好きですけどね)。



作品賞 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡』



 でも、関係者一同がステージに上がって、マイケル・キートンが一言スピーチする機会が



あったのはよかったなぁ。





 それにしても、候補作の大半は日本未公開なわけです。 ゲストの方々は先に見せて



もらったんだろうけど、視聴者のほとんどは観ていない、ということをしっかり把握して



おいてほしい! あと、多少なりとも勉強しておいて!



 それとネタバレするのは最悪なので、やめてください。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする