2015年02月04日

ジョーカー・ゲーム/JOKER GAME



 冒頭から、「え、この人、誰?」と思ってしまった。



 主演が亀梨くんだとはまったく知らなかったのだ。 最初のポスタービジュアルだって



伊勢谷友介がメインだったし、彼が結城大佐だって聞いてたしさ(ジャニーズの肖像権



過剰保護政策、紛らわしいんでやめてもらえないかな・・・)。 あぁ、なるほど、だから



CMがアイドルっぽかったのか。



 そんな冒頭数分で、「あれ、『ジョーカー・ゲーム』ってこんな話だったか?」



自分の記憶を疑う。 そりゃ、原作と映画は別物であるということは十分わかっています。



でも今回、監督が入江悠だってことでちょっと期待してしまった部分があって・・・新しい



ほうの『カジノロワイヤル』のオープニングを目指したのかもしれないけれど、でも



結果的にとても安っぽい、テレビのスペシャル番組みたいなオープニングクレジットに



泣きそうになり、「あぁ、これは柳広司の『ジョーカー・ゲーム』ではない」ということを、



あたしはあきらめとともに受け入れたのだった。



   ジョーカーを見抜け。

      (見抜くようなジョーカーなど、どこにもなかったよ)



 物語は架空の第二次世界大戦直前。



 陸軍士官学校の訓練生であった男(亀梨和也)は、同期生を助けようと上官に逆らった



ため銃殺刑に処されるところを、結城(伊勢谷友介)と名乗る男に助けられる。 彼は諜報



組織・D機関を設立した人物で、男の能力を見抜きスパイ学校の訓練に放り込む。 そして



一人前となった彼には“嘉藤次郎”というまったく新しい名前と前歴を与えられ、ドイツの



科学者が開発したという新型爆弾の設計図・ブラックノートの奪取という任務のため、



各国のスパイがひしめく“魔都”と呼ばれる東南アジアのある都市に潜入するのだが・・・



という話。



 まず、原作にこんな話はない。 「あぁ、この雰囲気はあの話からとっているのかな?」と



いうエッセンスは多少感じられるものの、原作の肝である情報戦と心理戦の部分は綺麗に



なくなり、ド派手なアクション映画となっていた。



 あぁ、脚本が渡辺雄介だもんなぁ、ド派手にしろと言わんばかりじゃないですか。



 というか、この映画の対象年齢にあたしは入っていないのだ!



 客としてもマーケティングを読み取ることは大事だと、残念なことに再認識。



 亀梨くんは頑張っていたと思いますよ。 非情な世界で、情にもろい部分を捨てきれない



人情派スパイ、というところが『妖怪人間ベム』のイメージとも重なるし、スピード感のある



動きをスタイリッシュにこなせる身体能力もよかったです。 でも、そういうべたべたなまでに



甘い部分は『ジョーカー・ゲーム』にあたしは期待してなかったから!



 むしろ『ルパン三世』的要素が強く、深田恭子は不二子ちゃんだし、クライマックスの



英国諜報機関のアジト(死語?)にある時計塔から脱出以降の流れは明らかに



『カリオストロの城』へのオマージュ満載(同じ意味で、『K−20』を思い出しました)。



   結城さんも、「魔王」と呼ばれるほどの

        得体の知れなさをすべて体現しているとはいえない。



 だから結城さんの若き日、D機関黎明期という位置づけだと思えばいいのかも(いくらでも



シリーズ化できるというおまけつき)。 のちに暴走するほどの結城大佐の持つ“憂い”を



画面に焼きつけることには成功しているわけだし。



 と思ってみても、とてもやりきれない気持ちを抱えて帰ることになってしまったのは何故。



 疲れているのにレイトショー行ったのに、という脱力感のせい?


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする