2015年02月01日

最悪の結果か・・・

 早朝、ネットを開いたら<後藤さん殺害か>のヘッドラインが目に入った。
 まじか・・・一瞬、気が遠くなる。
 多少希望はあるかも、みたいな報道の流れがあったせいかもしれないが、つい期待してしまっていた部分があったな、と思ってしまった。
 もうこうなったら、自己責任論を国内で展開しているだけで終わっては、ISILの思う壺であろう。 関係者は救出を願って奔走したはずである。 政府に恨み言をいうのは自由だが、実行したのはあくまで向こうである。 怒りの対象もまた、向こうであるべきだろう。 ただ、政府としては今後の対応なりなんなり、外交上の強みを持つべきだとは思うけど(それがイコール戦争や武力推進を意味しているわけではないので、念のため)。

 テロリストの理屈などこっちが理解しようとしたって難しい。 ヨルダンとの交渉だって、うまくいきかけたけどパイロットの方が実は・・・で、人質交換が成立しないから(それを認めたら自分らが恥をかくから)、最終手段をとったにすぎないのかもしれない。 日本人の感覚に比べれば、<人質殺害>のハードルなどはるかに低いというか、ないに等しいぐらいなのだろうから。
 むしろ、国内ニュースに取り上げまくることで、「ISILっておそろしい・・・」というイメージを植え付けてしまうこと、それがむしろ彼らの目的に近いのではないか。
 NHKスペシャルを見てしまったのだけれど、なんというか・・・ISILを構成するうちの要人と言われる人々の集まり具合を見ると、「うわぁ、根深い・・・」としか言いようがないというか。
 結局イスラエル問題、イギリスとアメリカがいろいろやった結果の残滓という気がしないでもなく・・・現地で少年たちを誘拐し、兵士として育てているという手法もずっと昔からやられている手なので、「むしろ、そういう段階まで来ちゃってるのか」と哀しくなる。
 そこまでやったら先は長くないと過去の歴史から学べないのか・・・。
 時間はかかるけど、文化と教育がいちばんの平和の近道になると信じたいし、そのための支援ならやはり続けるべきだと。
 あぁ、21世紀なのに・・・世界平和はなんて難しいんだ。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする