2015年01月02日

エージェント・オブ・シールド

 年末年始期間は、通常のCATVのチャンネルでは海外ドラマはお休み。 その間に録画をためているものを見てしまいたいと思うのだが、そういうときに限って集中放送を仕掛けてくるのよね・・・困るわ。
 スーパー!ドラマTVの『ブレイキング・バッド』集中放送は、月〜金の午前3時の通常帯放送で吹替版を録画しているので、その再開を待つことにする(もう、ファイナルのシーズン5まで来てるし)。
 スカパー!無料放送の時期もあったけど、どうせ観たいドラマは全部見られないので、他のチャンネルに落ちてくるのを待つわ(でも『ゲーム・オブ・スローンズ』第3部前編のDVDセットは買ってしまいました)。

 そんな中で、WOWOWが持ってきたのが『エージェント・オブ・シールド』の集中放送。
 マーベルコミックに出てくる秘密組織<シールド>を、映画『アベンジャーズ』後の世界観で、しかも『アベンジャーズ』で死んだはずのエージェント・コールソンを主人公に、彼のチームの活躍を描く、という内容(何故コールソンが生きているのか、というのもこのドラマの大きな柱のひとつ)。
 <ニューヨーク決戦>の余波の後始末とかは映画を見てたらつながりが楽しめますけど、特殊な能力を持つ人間が突然出現して起こすトラブルを解決・・・というあたりは『フリンジ』ぽかったり、能力者の感じは『X−men』ぽかったりと微妙・・・まぁ、最近あたしはアメコミ映画をなんとなくでしか見ていないせいもあるかも(この年末年始のメガヒット劇場で『アイアンマン3』も見たけど・・・そんなに盛り上がれなかったし。 ガイ・ピアースが悪役決定の立ち位置で出ていてがっかりしたぐらいでしょうか)。
 でもまぁ、ドラマは日本語吹替版だし、海外ドラマ吹替経験豊富な方々がやっておられるので何かをしながら流し見するのにちょうどいいというか。
 それで連日見ておりましたところ、レギュラーではないけれどエージェント・コールソンと馬の合う、いい感じに実力もあり、信頼できるセミレギュラー的なエージェントの人の声が、中村秀利さんなわけで!
 かなり陽気なマック・テイラーみたいな雰囲気で、めちゃめちゃかっこいいんですけど!(そのご陽気さ加減に裏がある気がすごくするのだが・・・)
 い、いつ収録したんだ!、と思わず詰め寄りたい。
 そしてちょっとご陽気で、全然変わりないその声に、泣きそうになる。
 あぁ、あたしのマック・テイラー!
 『CSI:NY』も再放送してくれ・・・。

ラベル:海外ドラマ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WOWOW・CATV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする