2014年12月10日

今日は2冊。

 今日は仕事で、神戸市内の某大学へ。
 ついでに大学生協購買の書籍部を見せてもらったら・・・なんと『このミス』の在庫が2冊!
 思わず、案内してくれた職員の方に聞いてしまう。
 「これは、売れたから今は2冊だけですか? それとも最初から入荷が2冊?」
 なんと、入荷が2冊だったのである(発売日なのに!)。
 かなりそこそこな規模の大学で、これ? うちの近所のブックキオスクでももっと置いてあるし、あたしが大学生のときはそれこそ大学生協の書籍部で毎年買っていたけれど、いつも10冊以上は平台に積まれていたような・・・。 「大学生が本を読まない」と言われて久しいですが(あたしのときも言われてた)、実際、その傾向はどんどん進んでいるのかも。
 それとも、『このミス』の価値が下がっているということかも。

  このミス2015.jpeg このミステリーがすごい! 2015年版
 最近はあたし自身も惰性で買ってるところ、ありますし・・・「あぁ、12月だなぁ」という季節の風物詩的な。 出版各社の<来年の隠し玉>(目玉となる海外翻訳ものの紹介)コーナー目当てで読んでいるといっても過言ではない。 それにしても読んだことのない日本人作家、どんどん増えてるなぁ、と毎年感じるのであった。

  トネイロ会の.jpg トネイロ会の非殺人事件/小川一水
    この表紙の人、昔、赤川次郎の表紙をよく描いていた人では。

 小川一水が『殺人事件』と名のつくものを書くなんて!
 中身は短編3つ収録。 内容的にはミステリらしい。 最近手薄なSFミステリ分野を広げてくれるならよろこばしいことですし、ミステリならばそれはそれでOKです。

ラベル:このミス 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする