2014年12月06日

6才のボクが、大人になるまで。/BOYHOOD

 はじめ、この映画のポスターとコピーを見たとき、親兄弟を事故かなにかでいっぺんになくした少年のために仕立てられた擬似家族が、次第に本当の家族以上に家族になっていく話、だと思いました(遠藤淑子マンガの読みすぎ?)。
 まさか、撮影に12年間かけていたとは・・・勿論、実際に撮影しているのは一年に一週間ぐらいなんだろうけど。 おかげで、「はっ、いつの間にか背が伸びてる!」、「声変わりしているよ!」、「かっこつけてるつもりかもだけど、その髪型変だよ!」などと主人公の少年に、親戚のおばちゃんのように思ってしまっている自分がいて。
 監督も、そういう効果を狙ったんですかねぇ。
 12年間という確実に流れていく“時間”を160分に封じ込めるために、ほんとに12年間かけよう!、と、きっと誰もが思うけどなかなか実現しようとは思わないことを実現させたという強みは、よく似ている子役を探すのとは表現としての次元が違う、ということになってしまう。 過去の場面を挿入する映画を作る人々はこれから必ずこの映画のことを意識しなければならなくなる、という、ある意味すごい呪いのような存在だ。

  6歳のボクがP.jpg すべての瞬間に、「大切」が宿ってる。
    4人の俳優が12年間家族を演じた。 その歳月から生まれた、感動の物語。

 物語はメイソン(エラー・コルトレーン)が6才のときから始まる。
 母のオリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉のサマンサ(ローレライ・リンクレイター)と3人でテキサス州の小さな町に暮らしていた彼だが、母は突然、祖母が住むヒューストンへ引っ越しを決める。 友達と別れたくない、学校も変わりたくないと反対する姉弟だが、だからといって事態が変わるわけもなく。 そして引っ越したヒューストンでの生活に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が顔を見せ、一年半ぶりに家族が揃うことに。

  6歳のボクが1.jpg そんな感じで、日々の積み重ねがこの映画。

 特別な大事件が起こる、というわけではない(ただ、子供にしてみたら両親が離婚したり、母親が再婚と離婚を繰り返したりなどというのはそれなりに大事件だと思うのだが、結構アメリカではこういう家庭、多そうだ・・・)。
 それにしても姉のかわいくなさと来たらびっくりだ! 一時期だけ「あ、子供なりに大人になった?」と思えたけど、また結局生意気で自己中心的な性格に。 これって弟から見た姿としての解釈なのか。 また演じている女優さんの名前がリンクレイターってことは・・・監督の娘? 自分の娘にこんなかわいくない役をあてがうとは、プロだな!(ま、娘であれば途中で逃げられるかもというリスクは減るけど)。
 そんなわけで、この映画には年代・月をあらわすテロップは出ない。 服装や言動、風景などで「あ、前のシーンから時間たってる」と判断しなければならないので、それに慣れるまでは「ずいぶん話が飛び飛びだな」と感じるかも。 でも、振り返ってみれば自分の人生でさえも記憶は飛び飛び。 止まらない時間の流れの中を生きていても、すべての時間をきれいに巻き戻せるわけじゃない。
 つまりは人が感じる“時間”そのものがこの映画のテーマなのかな?

  6歳のボクが3.jpg しかしあんなかわいい男の子が、いつの間にやらこんなにでっかくなってしまうという・・・時間って残酷。

 とはいえ、印象に残るのは母オリヴィアの生き方だったりする。 多分とてもアメリカ的なんだろうけど、若くして結婚して子供を産み、自分の夢をあきらめなければならなかった、という気持ちをずっと持ち続けて、で、結局あきらめないで自己実現しちゃった人。
 個人的に見れば彼女はとてもすごい人だけど、自分のその価値観をそのときどきの夫にも子供たちにも押しつけている感じがする(男運が悪いのかもだけど、そういう相手を選んでいるのも自分なわけで)。 だから自立が近付く子供たちからうとまれ、孤独に沈んでいく。
 これってアメリカ的社会がよしとする女性観に対するアンチテーゼですか? うーん、女の生き方って難しいなぁ(というかこの映画が女性に対して厳しい描き方してる感じが)。
 でも、12年たってもイーサン・ホークはそんなに変わって見えなかった・・・それはそれですごい!

ラベル:外国映画 映画館
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする