2014年11月30日

今日は3冊(今年最大の大物?!)。

 一日、雨です。
 そしてあたしは貧血その他で起き上がれません。 ほぼ一日、横になりっぱなし。
 あぁ、明日仕事、行きたくない・・・(暴風警報が出る地域もありというが・・・多分神戸は引っかからない気がする)。
 そんなあたしは昨日入手した3冊を眺める。 自分に集中力がないせいもあるが、読むのがなんだかもったいなくて。

  失踪当時の服装は新訳.jpeg 失踪当時の服装は【新訳版】/ヒラリー・ウォー
 え、これって新訳が出るほど古いんだっけ?、と思ったら・・・原著は1952年。 あたしが読んだのがそんなに昔じゃなかった、というだけのことでした(うーん、でも地元の本屋で見たような気がするから、それでも15年くらいは経っているのだろう。 ヒラリー・ウォーの『この町の誰かが』がわりと最近っぽいからかな?)。

  3月のライオン10.jpeg 3月のライオン 10/羽海野チカ
 あたしは将棋には特に興味はないのですが、勝負事に身を投じるというか、それで生計を立てる覚悟を持つ人々には興味があります(それは将棋だけではなくて、囲碁やカルタ、チェスなども同じことですが)。 そんなわけで、私生活ではいろいろと問題のある零くんがプロ棋士としてはそれなりに順調で、高校の先生や先輩、なによりひなちゃんの家族と過ごすことでぐんぐん人として成長していく過程がうれしくてたまりません。
 だから、この表紙のひなちゃんの表情がすぐれないのが心配・・・。

  ピリオド5.jpeg period(ピリオド) X/吉野朔美
 そして今年最後の大物、ついに発売! しかも、あの『period』がついに最終巻!
 これが出ることをつい最近知りまして・・・その日からなんだかドキドキしっぱなし。
 いったい、あの物語がどこに着地するのか。 不安で、心配でたまらない。
 そして終わってほしいような、終わってほしくないような、そんな気持ち。
 なのでまだ、中身には向き合えない。 少し心を落ち着けているところです。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする