2014年10月16日

ラボ グレース@ATAO

 えーっと、またかばんを買いまして。
 しかも9月13日に! 一ヶ月以上寝かせていたわけではなく、多少使用してみての感想とともにアップしようと思っていたら、思いもかけず悪天候が続き・・・そんなに使っていなかったのと、使い始めて変化がわかってきた頃には映画の感想もたまってきて・・・というわけで、今頃の公表と相成りました。

  グレース公式1.jpg 正面の写真がうまく撮れないので公式HPの写真をお借りしました。

 “ラボ グレース”、という名前。 この秋、ATAOが一大キャンペーンを張って発表した新シリーズに、まんまとやられて発売日に買いに行ったあたし・・・。 だってこれは限定数しかないっていうんですもの。
 レギュラータイプはバッファローレザーで、これも使いこんだらすごくいい味が出そうなんだけど、こちらのグレースはカーフ素材(イタリアンレザー)。 カーフでココア系の色って珍しいし、そもそも革好きとしてはカーフのカバン、憧れるよね!
 でもやっぱり直接見てから買うのを決めたいよね、と思っていたわけですが(デザインは同じでも、素材違いが結構出たので)、当日、お店に到着した段階でグレースは残り一個・・・選んでる場合じゃないよ!

  CA3A1777.JPG サイドから見るとこんな感じ。
 A4が入るサイズ。 かぶせの部分がストラップと交差しているので中身が全部がぱっと開かない設計(なので正面の金具を開けてたままでも持っていて型崩れはしないけど、がばっと開けたいときはちょっと不便か)。

  CA3A1772.JPG 裏側にはパスケース用のポケット。
 定期を使う者にとって、外側のポケットがあるかないか、非常に重要です。

  CA3A1774.JPG ロゴはサイドに入ってます。
 なんといっても革が素敵なわけで。 つやつやとした張りがありつつも、やわらかい。
 カバン自体の重さもものすごく軽くて、500gを切っている(450g前後?)。 とはいえあたしは荷物多い派なので、トータルでは重くなっちゃいますがね。

  CA3A1778.JPG 中はこんな感じで。
 ポケットはあるけど、特に仕切りはなし。 マチは新書版サイズが横で余裕でおさまる(さすがにハードカバーは無理)。 革がやわらかいので本の角が外から見えるときがあるので、ロゴ側に本の背表紙が来るように入れる習慣に。
 そんなこんなでだいたい2週間強使ってみたところ・・・もう革にくったり感が出てきて。



  CA3A1783.JPG 撮影場所:神戸そごう地下
 表面がなんだかへんなりしてる感じ、伝わりますですかね。
 くたくたしていく感じがカーフの魅力とはいえ、最初の状況を保っていきたいのも人情。 でもまめにお手入れするキャラじゃないし、普段の荷物も減らせる柄じゃないし、結局くたくたしてしまうんだろうな・・・。 ま、それが味となっていき、同じものが並んでも見わけがつく<あたしのカバン>になってくれるということなのですが。
 とりあえず今は、「傷をつけない」が目標。
 そのうちつくんだろうけど、ついたらついたであきらめがついて更に傷が増えてしまいそうではあるものの、しばらくはそんな気持ちで使っていきます。
 でもある程度なじむまで、しばらく雨の日は、外出厳禁!

ラベル:カバン
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする