2014年10月15日

WALKERSの焼きたてショートブレッド@英国フェア

 今の勤務地が阪急沿線のため、ここ数カ月、毎日のように阪急電車も使うようになったあたし。 おかげで梅田の阪急百貨店の催し物の中刷り広告がよく目に入るようになりました。
 そこでふと気付いた<英国フェア2014>
 ただそれだけだったら「あー、いいなぁ」でいつものように終わっていたかもしれないが、「その場で焼いています」という言葉とWALKERSの文字があたしをひきよせる。
 ウォーカーズのショートブレッドといえば、輸入食材のお店に必ずおいてある、しかしなかなか値段の下がらないイギリスのお茶の友の定番! あのバリバリ・ザクザク感が好きですが、所詮パッケージで売られている保存料などの入った物。 でも本場の味が、行けば食べられるのか!
 そんなわけで仕事を調整し、定時そこそこで帰れる日をつくって梅田へGO! ← これは先週の木曜日の出来事。
 そして辿り着いた阪急百貨店の9階は・・・人であふれていた。 ほんとはフィッシュ&チップスのお店も気になっていたのだけれど、行列がすごくてブースの中すら見えない状態。 本命にしぼります!
 エスカレーター横に掲示してある全体図から、現在位置と店の位置を頭に入れて、WALKERSブースに辿り着けば、当然そこも行列。 最後尾はどこですか〜、と探すと、お店をぐるっと一周してしまいました。
 でも、「おひとりさま2袋まで」(1袋・ハイランダー4枚入り540円)という制限があるので、買えないことはなさそう。 焼きあがってある程度冷めたものを袋詰めしている作業を見守りつつ、待つ。

  CA3A1787.JPG こんな感じで地道に袋詰め。
 創業者一族の若主人らしき人が、オーブンを開けるときに「オイシソウ〜」と片言の日本語で並んでいる人たちにアピールしたり、写真を撮ろうとする人たちに積極的にポーズを決めてみせたりと、サービス精神旺盛なところを見せてくれたり、待ってる間もそんなに退屈ではなかった(中にはこういう催事に慣れているのか、本やタブレット持参の方がいっぱい!)。

  CA3A1788.JPG 15分ほど待って、2袋ゲット。
 賞味期限を考えると多いかなぁと思ったのだが、多分冷凍できるだろう、と2袋買いました。 こんな機会はなかなかないわけだし!
 ほんとは紅茶の試飲もしたかったけど、スコットランドのラムウール100%のマフラーもほしかったけど、しかしあまりに人が多すぎ、そしてまだ暑いからマフラー買いたい気持ちもいまいち盛り上がりきれず、残念。
 あとは地下に移動して神戸では買えないケーキを物色し、退散。 そのあと久し振りにある人に会い、海外ドラマの話をしてしまうのでした(『ハウス・オブ・カード』の吹替版で運昇さんをかっこいいと思っているのがあたしだけでなくてよかった)。

  CA3A1789.JPG 肝心の、中身。
 なんだかこうやって見るとコロッケみたいですが(まわりをざらめが囲んでいて、それが揚がった感につながるのか)。
 さて、肝心の、味はといえば・・・かじった断面がところどころ白っぽくて、「む、小麦粉とバターがしっかり混ざりきってない?」という疑惑を生むものの、パッケージで売っているものよりも直径が長くて、分厚い。 そして確実にしっとりしている!
 日本、しかもデパートの催事場というアウェイな環境で行列をさばきながらつくっているわけだから、多少の粉っぽさは許そうじゃないか。 むしろこのホームメイド感、微笑ましい。
 なにより、紅茶に合う! (冷凍庫にはまだ残っているのでまだ楽しみも残っている)
 行ってよかった〜。 というか、仕事あとに梅田まで行って帰ってこれるのね、ということが、ちょっとクセになりそう・・・。

posted by かしこん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする