2014年10月08日

ノーベル物理学賞!

 つい先日、「えっ、今年ももうノーベル賞の季節になったの?」と驚いたばかりだったのに・・・物理学賞を日本人が受賞、のニュースにまた驚いた。
 ネットニュースの写真を見て、見覚えのある方々が・・・特にいちばん見覚えのある人!
 中村修二さんじゃないか!(今はアメリカのカリフォルニア大学サンタバーバラ校の教授ですけど)
 あの、青色発光ダイオードの訴訟問題は、一般企業に属する研究員の立場をいろいろと語ってくれるものでした。 結局アメリカに行っちゃったことで勝訴はしたけど会社側とはわだかまりが残ったんだろうなぁ・・・と思ったけど、ノーベル賞獲っちゃったらそのあたりはもう水に流すしかないような。 中村さんのことを今でも悪く言う人もいるけど、企業内の研究者の立場がある程度保証されるようになったというか、契約などしっかりするようになったのは事実。
 赤崎教授はかなり早い段階から理論は発表していたような記憶はあるし、天野教授はずっと共同研究してたはず。 名古屋大学からってところに地方の地道な努力を感じます。
 でも、「ノーベル賞受賞者はひとつの研究に対して3人まで」というルールは、もう時代にそぐわなくなってきてると思うんだけど・・・それを変えないのもまたノーベル賞なんでしょう。
 だけど、「青色発光ダイオードが発明・生産されたらノーベル賞とれる」という噂は本当だったんだな! 結構わかりにくいこれまでの受賞研究内容に対して、今年はマスコミも解説書くの楽だろうな〜。

posted by かしこん at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする