2014年08月01日

今日は8冊。

 うわぁ、もう7月が終わって8月になるなんて!
 7月はいったい何をしていたんだろ・・・あまり記憶がない。

  だめっこどうぶつ6.jpg だめっこどうぶつ 6/桑田乃梨子
 いつ続巻が出るかわからないタイミングでいつの間にか6巻目。 なんだかんだと成長しない彼らの日常はどこか『ぼのぼの』にも通じるものが・・・という気がしないでもない。 基本4コマなんですが、なんか疲れて一気に読めない。
 ちょっとずつ読むのがペース的に正解なのか。 ただあたしがつかれているだけなのか。

  ギリシャ棺の謎新訳版.jpg ギリシャ棺の謎【新訳版】/エラリー・クイーン
 クイーン国名シリーズ新訳も『ギリシャ棺の謎』まで到着。 多分、小学生のとき旧訳を読んだような気がするが、いまいち覚えてない・・・(確か『エジプト十字架』『ギリシャ棺』『チャイナ橙』は古本屋で見つけた気が)。
 今回の解説は辻真先さんがご担当。 それだけでちょっともうけた感じ。
 若い頃、先に<ドルリー・レーン四部作>を読んでしまった解説者にとって、国名シリーズはいささか手ぬるいものに感じられた印象があったが、今回読み返してみたらとんでもない誤解だった、的な記載があり、「それ、あたしも同じこと思ってましたよ!」と同意(すみません、あたしは本文より先に解説を読んでしまう人間です・・・ネタバレ部分が書かれているところは読みませんが)。 ドルリー・レーン物の衝撃はすごかった。
 エラリーものも、いわゆる“ライツヴィルもの”あたりのほうが当時のあたしは好きだったので・・・こうして今、国名シリーズ再評価の流れに乗っかっております。

  ゴールドスティン1.jpgゴールドスティン2.jpg ゴールドスティン/フォルカー・クッチャー
 『濡れた魚』『死者の声なき声』に続くベルリン警視庁ラート警部シリーズ第3作。
 『濡れた魚』があまりに面白すぎて途中で読むのをやめたあたしですが(矛盾しているようですが、邦訳が現在進行形のシリーズ物は読み終わってしまったら次が出るまでどれくらい待たされるかわからない、という怖さがありまして・・・それを<ヴァランダー警部>もので体験中の身としては、ある程度続きが出てから安心して読み始めたい、というところがあって)。 それは、子供の頃ミステリの古典が読み切れないほどたくさんあってシリーズ物も選び放題だった、という体験に基づくのかしら。

  禁じられたソナタ1.jpg禁じられたソナタ2.jpg 禁じられたソナタ/赤川次郎
 赤川次郎を買うなんて何十年振りかしら!
 先日読んだ『ヴァイオリン探偵の探求と推理』が面白かったので、音楽・楽器ネタの話が読みたかったこともあり、あたしの“ファースト・赤川次郎”は『幻の四重奏』『赤いこうもり傘』『死者の学園祭』と“学園ミステリ+音楽”な作品ばかりだったこともあり、なんとなく原点回帰?
 でも『禁じられたソナタ』自体そんなに新しい作品ではないはず・・・読んでたかなぁ(記憶なし)。

  わたしの恋人.jpg わたしの恋人/藤野恵美
 『ハルさん』の作者の方ですが、リリカルな学園初恋物語というイメージの内容よりも、表紙の今日マチ子の絵の方に惹かれてしまった感じが・・・。
 まぁ、表紙と装丁は大事です、という話。

  真夜中の相棒.jpg 真夜中の相棒【新版】/テリー・ホワイト
 これは4月に新版が出たときに「うわっ、どうしよう!」と悩んだ作品。
 あの頃は仕事を辞めると決めてたからあきらめたんだったかな・・・。
 これも「女性が楽しめるハードボイルド」ということで存在は知っていたのだけれど、長らく品切れ状態が続いていました。 待望の復刊!
 表紙もシックに変わったし、なにより書店員さんのPOPが熱かった!
 まんまと乗せられた、かな。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 03:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする