2014年05月22日

『SHERLOCK』復習中



 5月24日(土)からNHK−BSプレミアムにて『SHERLOCK』の第3シーズンが



放送されるのに合わせて、第1・第2シーズンの再放送がされていて・・・すでに何回も



見ているというのに(NHKで吹替版を、AXNミステリーで字幕版も)、今回の再放送も



録画して、すでに何回も繰り返し見てしまっている。



 第1シーズンの第1話『ピンク色の研究』がひたすら面白すぎたので、かつてはそれ



ばかり繰り返し見ていたため、他の話をあまり見ていなかったというせいもあり、いい感じに



時間が経過して細部を忘れているという自分の都合もあり、改めて見直してみると原典



(コナン・ドイルによって書かれた原作のこと)につながる台詞やモチーフがどんどん飛び



込んできてニヤリとなる。 「あ、ここ、前見たとき気づかなかった!」的なヨロコビというか。



 そしてやっぱり、「ジョン、かっこいいよぉ」と思うのであった。



   第3シーズンも楽しみです。



 子供の頃からあたしは名探偵気質の人に弱く、憧れの存在であったので、「いつかそんな



人と知り合いになれないだろうか。 そうすればあたしはワトソン的存在になれるのに!」と



いうのがあたしの密かな野望であった(今でもまだあきらめてはいない)。 だから見たり



読んだりしてかっこいいなぁとか好きだなぁと思うのはホームズ的立場の人だったのだが、



このドラマを見て初めて、「ワトソン、かっこいい!」と思ったのであった。



 これって、あたしのなりたい<ワトソン像>に近いからなのか?



 あきらめていないといいつつ本質的な部分では無理だとわかっているからか?



 このドラマではダブル主役という形で、ジョンもまたシャーロックとは違う立場だけれども



“名探偵”の気質を持っているからか?



 そんなことを考えながらも、次のシーズンもジョン寄りの気持ちで見ることでしょう。


ラベル:海外ドラマ
posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | WOWOW・CATV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする