2014年04月10日

図書館に追い込まれ中

 先日の『HHhH――プラハ、1942年』を図書館に返しに行ったところ、別の予約図書が新しく届いていました・・・。

  リバーサイドチルドレン.jpg リバーサイド・チルドレン/梓崎優
 『叫びと祈り』の方の長編第一作。 舞台はカンボジアでございます。

  ブラックライダー.jpg ブラックライダー/東山彰良
 ディストピアもの(黙示録後、というべきか)であり西部劇。
 この2冊を2週間で返すんですね・・・ま、『ブラックライダー』は以前借りたけど読み終われずに返した過去があるので、半分ぐらいは読んでいるし(しかしかなり厚いけどね)、『リバーサイド・チルドレン』はそんなに厚くないし、一人称文体なので読みやすかろう。
 しかしあと三分の一を残すばかりの『水時計』や、読み始めた『ミステリードラマは眠らない』などなど、同時並行的に読んでいる何冊かの本に(『銀河英雄伝説』だって7巻なのに)影響が・・・。
 まぁ、いつでもあたしはそんなもの、かな。
 一気読みするときはしてしまうんだけど、そうでなければ連続ドラマを見るかのようにいろんな本をちょっとずつ読み進めるのがひとつの習慣になっているかも(最初に全体の一割ぐらい読んでおけば、次に読むとき時間をどれだけおこうとも読み始めれば内容を思い出せるし)。
 でも、どちらも予約が詰まった本なので、今週末まとめて読んで、早く返してしまいたいところではある(そしてあたしには『ソロモンの偽証』の続きを早く回してください)。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする