2014年02月13日

また、返却日に追われる



 余裕を持って『図書館の魔女』上下巻をカウンターに返却する。



 そして、あまり借りる人がいないであろう(あたしも延長する見込みで2週間で返す気は



ない)本を借りて手続きしたところ、「予約本が来てますね」というお知らせが。



 なに、昨日まで連絡はなかったのに!



 (まぁ、うちに帰ってPC開けばメールが来ているんだろうけど)



 予約が立て込んでる本だったらまた大変だな・・・とハラハラすれば、さにあらん、係の



方が持ってきたのは2冊!



   ジェイコブを守るため/ウィリアム・ランディ



 ハヤカワのポケミス。 確かこれも昨年のランキングに入っていたのではなかったか。



少年が殺される事件が起き、地区検事補である主人公の息子ジェイコブが疑われて逮捕



されるが・・・息子を信じる家族が周囲から孤立していく様子と、裁判過程で明らかにされる



事件、みたいな話。 これは一人称だから読みやすそう。



   シスターズ・ブラザーズ/パトリック・デヴィット



 これは書店で装丁に惹かれて。 タイトルの意味が一瞬わかりませんが、シスターズという



名字の兄弟の話。 “ゴールドラッシュ時代のアメリカ西部を闊歩する殺し屋二人”という



まるでコーマック・マッカーシーが描きそうな設定なれど、この表紙から漂うユーモア具合が



持ち味らしい。 



 また二週間で2冊か! いや、他のも読んじゃうからいけないんですけどね。



 長風呂が習慣になりそうです。


posted by かしこん at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする