2014年02月09日

パエリア食べよう!@ラ・カスエラ



 最近、えむさんと会うときは「パエリアね!」が合言葉。



 しかし毎回写真を撮り忘れる・・・カバンを足元や、カウンター下の棚に押し込んで置いたり



するから。 そんなわけで今回こそ写真を撮るぞ!



   冬のタパス3種盛り合わせ



 向かって左から、<本日のカルパッチョと焼き茄子のタプナードソース>、<スペイン産



オムレツのトルティージャ>、<鴨のローストとリンゴのピンチョス>、そして追加でハモン・



イベリコをオーダー。 左上のパンはバゲットのスライスとフォカッチャ。 このフォカッチャも



おいしくて〜、おかわり自由なのでたいへん危険である。



   アヒージョ



 <帆立とムール貝、かぶらの白ワインバター風味>。 ほたてもムール貝もサイズ的には



それほどの大きさではないが、魚介の出汁がしっかり出たスープがとにかくおいしくて、



蕪にもしみてるけどパンも浸して食べる、スープ最後まで飲む!



 そして“季節のおすすめパエリア”と表示があった<ズワイガニとアサリのパエリア>を



オーダーしていたのですが、パエリア鍋がやってくると一気にその場があわただしくなる



(空いている皿はすべて片付けられ、鍋敷きと共に新しいお皿や薬味などが準備される)。



鍋の蓋を開けたらレモン汁を絞って全体に回しかけ、余熱でごはんの粒がこびりつかない



ようにまず全体的にかきまわさなければならないので・・・写真を撮るのを忘れました



 ズワイガニは殻ごとザクザク切ったものが結構入っていたので、ごはんに味はしみている



もののカニの身は大変食べづらい(それとも食べるものではないのだろうか?)。 あさりの



貝殻もごはんまみれになっているけど、それは<海の幸のパエリア>で経験しているので



慣れたもの。 うむ、高級な具が入るよりもむしろ沢山の種類の具が入った方がパエリアは



おいしいかもしれない。 いろんな出汁をたっぷり吸った、メインはごはんだから。



   デザート



 <ラズベリーとリコッタチーズのセミフレッド>。 お皿が冷たいのでハチミツもかたまって



ます。 セミフレッドとは確か生クリームにいろいろ混ぜて、パテ型に詰め込んだものを



冷凍して、切り分けて食べる・・・と記憶していたけれど(ずっと前に読んだ料理本の記述を



思い出す)、どうやらその記憶は間違ってはいなかったらしい。 リコッタチーズの酸味の



おかげで甘さは控えめ、内部に大量に入っているナッツの香ばしさと歯ごたえが面白く、



むしろラズベリーの存在は薄れがち?



 あー、フォカッチャをおかわりしなかったのは後悔するところだけれど、もしおかわりして



いたら無事にデザートまで辿りつけただろうか・・・そう思うとそれでちょうどよかったのだが。



 次は基本に戻って<山の幸のパエリア>かな!



 映画の半券にて10%割引してもらう。 ミント神戸の飲食店はそこが便利。


posted by かしこん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする