2014年01月30日

kindle、謎のスリープ画面に動揺

 さて、kindleが到着して一日、やっと操作に慣れてきました(というか、感覚がつかめてきたというか)。
 とりあえず最初は充電から始めたわけなんですが、いつが充電終了なのかわからない。
 HPで「PCからUSBケーブル経由で約4時間」と書いてあるのを見つけたのでとりあえず4時間強放置。 まぁ、その間に初期設定を済ませたわけなんですが、その後、しばらく放っておいたら謎の画面になっていた。

  CA3A1691.JPG パネルいくら叩いても、反応なし。
 これってスクリーンセーバー的なもの? でもパソコンなら画面に多少動きがあるので、その感覚でいるとどうも違和感(マウス動かしたりすれば反応するし)。 これはもう電源ボタンを押すしかないのであろうか。
 どのくらいの感じで押せばいいのかよくわからなかったので、つい長押し。 そうしたら画面は動きだし、何故か再起動モード。 何度かやっているうちに、電源ボタンを軽くタッチするだけで“起動”⇔“スリープ”に切り替わることが判明。
 そして謎のスリープ画面は毎回変わります。
 で、ダウンロードした本の一覧から選んだ本の表紙をタッチすれば、開くのはわかる。
 CMで見たからページのめくり方もわかる。 はて、この本を閉じるにはどうしたら?
 試行錯誤の末、左上角をタッチすると上部にツールバーが出てきて、それでホーム画面に戻ったり辞書機能使ったりアンダーライン引いたりできることがわかる。
 「説明書を読め!」ってことなんでしょうけど、そうではないことについては詳しく書いているけど、普通に最初にする動作についての説明が薄い・・・あたしが「説明書は読まない、困ったときに開く」というタイプだから読み方がいまいちわかっていない部分あり。 実際に操作して使い方を覚えていくというのは、かつてのカシオ製品全般にあった「どのようにボタンを押しても壊れることはないので、存分にいじって機能を満喫してください」という精神に昔から慣れているためであろう。 今はそんな時代ではないというのに。

  CA3A1692.JPG カバーだけはとっくの昔に到着済み。
 アマゾン純正のKindleカバーは本革でよさげなんだけどお高いし、一度はめたらすごく外しにくいとユーザーレビューにあったので、Kindle専用という別メーカーの商品を選択。
 カバンの中でも目立つように、明るい色を選びました。 ビタミンカラー!

ラベル:雑貨
posted by かしこん at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする