2013年12月25日

さらっと4冊。

 やっぱりあれを買っておこうかな、とふらふら本屋へ。

  ルーティーン.jpg ルーティーン 篠田節子SF短編ベスト
 最近、篠田節子を読んでないなぁ、というのと、“SF短編ベスト”というくくりが面白いなぁ、と。 ジャンルを横断する作家は分類が大変ですね。 あたしとしては『神鳥−イビス』『夏の災厄』『アクアリウム』あたりが好きなんですが、どれもSF要素ありだしホラーでもあるよなぁ。

  廃園のミカエル.jpg 廃院のミカエル/篠田節子
 なのでついでにちょっと前の新刊的な位置にあったこれも。
 ギリシア、修道院、ミツバチとSFタッチ的ホラー要素を感じるではないですか。

  金田一耕助に捧ぐ.jpg 金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲/アンソロジー
 これ、新刊として出たときにほぼ買うところまで行ってたんですけどね・・・何故か土壇場でやめてしまった。 あたしのアンソロジー苦手な意識が出てしまったからだろうか、どうせ好きな作家だったらやっぱり長編を読みたいよ、短編では物足りないと感じるかもしれない、と思ったのだろうか。 今回、改めて見てみたら1ページの作者紹介があり、服部まゆみの項には“逝去”の文字が。 知りたくなかったから、無意識のうちに回避したのかな。

  スヌーピームック.jpg SNOOPY IN SEASONS
 ムックものは中身に当たり外れがあり、値段のほとんどは付録代だということはタンタンブームのときに学んだのであるが、このウッドストックにやられてしまいました。
 ヴィンテージコレクション、と呼ばれるかつてのPEANUTSグッズ(おけいこバッグとか、ハンカチとか)を見ていたら、「あたし、これ持ってたかも!」というもの発見!
 な、懐かしすぎる・・・多分、捨ててないよなぁ。 実家のどこかにあるんだよなぁ、と思うとなんだか不思議な気持ちになる。
 これで今年の本は買い納めかなぁ、と思ったら26日あたりに『王妃マルゴ』2巻が出ることを知る。 まだまだ、買い納めは先です。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする